禁断のキスパレード!“不倫ゲス女”釈由美子も登場「明日きみ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
いったい誰と誰がキスするのか!? 組み合わせにも注目 - (C)テレビ朝日

 ドラマ「明日の君がもっと好き」の第2話では、釈由美子がゲス女役で登場するほか、60分で3組のキスシーンが繰り広げられる“禁断のキスパレード”回となることが明らかになった。

【写真】超豪華!「明日の君がもっと好き」キャスト

 「人生に一度だけの大切な恋」がテーマの同作は、恋に冷めている植物系男子の造園デザイナー・松尾亮(市原隼人)ら、さまざまな傷を抱えた登場人物たちが想定外の恋物語を紡ぎ出すヒューマンラブストーリー。

[PR]

 第2話では、勤め先の社長の一人娘・丹野香(森川葵)が告白した悩みに戸惑いながらも彼女との結婚を前向きに考え始めた松尾や、恋愛に疲れて祖母(三田佳子)に胸中を打ち明けるも思いがけない返事に言葉を失う里川茜(伊藤歩)、夫の智弘(渡辺大)に嘘をついて香の勤めるガールズバーへと出かけていく梓(志田未来)の姿などが描かれる。キスシーン大放出となる同回だが、「こことここがキス!?」となるような意外な組み合わせのキスも用意されているという。

 また、この第2話から釈がレギュラーキャストとして出演。陽気なように見えるが、幼少期に受けた虐待のトラウマがあり、年上の女性に対して闇を抱える城崎遥飛(白洲迅)に誘惑される年上女性・城之内美晴を演じる。美晴が子持ちだと知るなり厳しい言葉を浴びせかける遥飛に、屈辱を味わうハメになる美晴。個性的なキャラクターたちに、釈がどのように絡んでいくのか注目だ。(編集部・吉田唯)

テレビ朝日系土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」第2話は1月27日の午後11時20分~深夜0時14分に放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]