実写『BLEACH』杉咲花が朽木ルキア役!7月20日公開決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左が死神の姿のルキア、右が女子高生姿のルキア - (C) 久保帯人/集英社 (C) 2018 映画「BLEACH」製作委員会

 福士蒼汰が主演を務め、シリーズ累計発行部数9,000万部を超える人気漫画を実写化する映画『BLEACH』(原作・久保帯人)に、杉咲花が出演することが明らかになった。杉咲は、福士演じる主人公・黒崎一護と並ぶ物語のキーパーソンである朽木ルキアにふんする。また、公開日は7月20日に決定した。

【写真】福士蒼汰がオレンジ髪の死神・黒崎一護に!

 霊が見えること以外は普通の高校生・一護が、ある日突然現れた死神と名乗る少女・ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。『GANTZ』『図書館戦争』シリーズなどの佐藤信介監督がメガホンを取り、原作の「死神代行篇」を中心に映画化する。

[PR]

 杉咲が演じるルキアは、人間を襲う虚を唯一斬ることができる死神という存在。一護に死神の力を与えたことからその力を失い、普段は女子高生にふんし、一護と行動を共にしながら次第に心を通わせていく。公開されたビジュアルには、女子高生姿のルキアと、和装に武器の“斬魄刀(ざんぱくとう)”を携えた死神の姿のルキアが対照的に写し出されている。

 杉咲はルキアを演じるにあたって「ルキアというたくましく純粋な死神を自分が演じさせていただけるからには、原作を何度も読み返しアニメも観させていただき、自分なりにルキアを調べて役づくりさせていただきました」とコメント。主演の福士とは共演経験があることから安心して撮影にのぞめたといい、「今回、人間、死神という役柄の中、一護にもルキアにも心がある、ということを台本を読んで感じました。お互いの存在がお互いを生かし合い、強くなっていく一護とルキアの二人が、大好きになりました。福士さんが一護だったからこそ、そう感じることができたのだと思います」と振り返った。

 撮影現場での杉咲について、佐藤監督は「ルキアと表裏一体」と表現。「表情、立ち振る舞い、話し方など、ルキアにしか見えなかったです。和装に身を固め、刀を持ち、黒髪をまとめたその姿は、勇ましくもあり、凛々しくもあり、そして何よりも愛くるしいほどキュートでもありました」と語っている。

 2016年11月に映画の撮影がクランクアップしたのち、『BLEACH』の壮大な世界観を表現すべくCGに1年以上をかけている。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]