ジャニーズWEST重岡大毅&神山智洋W主演!「宇宙を駆けるよだか」ドラマ化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
重岡大毅と神山智洋で人気漫画の実写化! - (C) 川端志季/集英社 (C) 「宇宙を駆けるよだか」製作委員会

 ジャニーズWEST重岡大毅神山智洋が漫画「宇宙を駆けるよだか」(読み:そらをかけるよだか)の実写化ドラマでW主演を務めることが明らかになった。Netflixにて全世界配信される本作は、男女4人の高校生が繰り広げるサスペンス&ラブストーリー。クラス一の人気者・火賀俊平に重岡、秀才でスポーツ万能なイケメンの水本公史郎に神山がふんする。ヒロインの小日向あゆみ役を『3月のライオン』『ちはやふる -結び-』の清原果耶が務める。

【画像】原作「宇宙を駆けるよだか」

 原作は2014年~2015年に集英社の別冊マーガレットにて連載され、2016年度の「このマンガがすごい!2016」(宝島社)オンナ編にて第5位にランクインした川端志季の同名漫画。

[PR]

 俊平、公史郎、あゆみの3人は仲の良い親友同士だったが、公史郎があゆみに告白をしたことで2人は付き合うことになる。しかし初デートの日、醜い容姿のクラスメイト・海根然子とあゆみはなぜか体が入れ替わってしまう。誰にも信じてもらえずあゆみは絶望するが、彼女に想いを寄せる俊平はいち早く入れ替わりに気づく。俊平に支えられ、あゆみが元に戻る方法を探るというストーリー。物語の鍵を握る然子役は、映画『ソロモンの偽証』『あさひなぐ』などの富田望生が担う。

 重岡は、「いつも一緒にいる神山くんとの共演と聞いて、おどろくとともに、とても嬉しかったです」とメンバーとの共演を喜び、「クラス一の人気者の火賀を演じますが、自分も高校時代に、いつもムードメーカーになりたいと思っていたのですが、残念なことにスベリまくっていました」と高校時代を振り返っている。神山は、「感情をあまり表に出さないクールな役です。重岡君が演じる熱いキャラと、自分が演じるクールなキャラのギャップを、うまく出していければなと思っています」とコメントしている。(編集部・梅山富美子)

ドラマ「宇宙を駆けるよだか」は2018年Netflixにて配信予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]