ADVERTISEMENT

窪田正孝、かわいすぎる“にゃんポーズ”にファンメロメロ!

まさにあざとかわいい! 窪田正孝のにゃんポーズ
まさにあざとかわいい! 窪田正孝のにゃんポーズ

 俳優の窪田正孝が9日、都内で行われた映画『犬猿』大ヒット御礼舞台あいさつに吉田恵輔監督と出席し、可愛すぎる“にゃんポーズ”で女性ファンをメロメロにした。

窪田正孝、客席のファンと握手!

 本作は、2組の兄弟姉妹による、血のつながりがあるからこその羨望、嫉妬、愛憎渦巻く複雑な関係を、時にユーモラスに、時にシリアスに描いたヒューマンドラマ。真面目で優しいが姑息な弟・和成を窪田、凶暴でトラブルメーカーの兄・卓司を新井浩文、仕事はできるが見た目は悪い姉・由利亜を江上敬子ニッチェ)、ルックスはいいがおバカな妹・真子を筧美和子が演じる。

ADVERTISEMENT

 立ち見も出るほどの盛況な会場にメガネ姿で現れた窪田は、ファンと握手をしながら登壇すると「皆さまのおかげで、こうやってまたきらびやかなステージに立たせていただいて、監督ともお会いできて光栄に思います」とあいさつ。そして、「皆さんより友達は少ない方だと思いますが、そんなコイツ(自分)にも『面白い』という声はたくさん届いています」と本作の好評ぶりアピールし、大ヒットを喜んだ。

 その後、印象的な撮影エピソードを披露するなか、和成に共感できるという窪田は、「人に合わせる癖があるけど、本当は裏で『うあっ』と(不満に)思っている瞬間があって、それを客観視した時に、うわっ、やべー、今最悪な人間になっていると感じる時がある」と打ち明けると、「今年で30歳。年齢も年齢ですし、もっと本音をさらけ出して、毒キャラにならないくらいのちょうどいい所で生きていきたい」と決意を表した。

 また劇中では、和成(窪田)と真子(筧)の遊園地でのデートシーンで、2人の“にゃんポーズ”が見られるが、吉田監督はその場のノリで、2人に指示してやってもらったことを紹介。するとフォトセッションで、カメラマンから“にゃんポーズ”のリクエストが飛び、窪田は「(『犬猿』に)ニャン(猫)関係ないでしょ!」と笑いながらもその声に応じ、ファンの黄色い歓声を浴びていた。(取材:錦怜那)

映画『犬猿』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT