シネマトゥデイ

ジョージ・クルーニー監督×マット・デイモン主演で“理想の崩壊”描く新作、5・4公開決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マット・デイモンの怪演にも期待 - (C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

 ジョージ・クルーニー監督、マット・デイモン主演、ジョエル&イーサン・コーエン脚本の新作映画『Suburbicon』の邦題が『サバービコン 仮面を被った街』に決定し、5月4日より日本公開されることが明らかになった。

とっても仲良しジョージ&マット【写真】

 映画『グッドナイト&グッドラック』(2005)でアカデミー賞監督賞にノミネートされるなど、監督としての実力も評価されているクルーニーが、コーエン兄弟とタッグを組んだ本作。アメリカンドリームの街「サバービコン」を舞台に、黒人一家の隣の家で押し込み強盗事件が発生したことで、理想的な家族、理想的な街、そして理想的なアメリカのメッキがはがれていく過程をスリリングに描いたサスペンスコメディーだ。

[PR]

 どんでん返しが待ち受ける一筋縄ではいかない本作には、演技派スターたちが集結。強盗に襲われる一家の“平凡な”ファミリーマンを演じたのは、『オーシャンズ11』シリーズなどでクルーニーとも仲良しのマット。その妻と、双子の姉という二役に挑戦したのは、『アリスのままで』などのジュリアン・ムーア。もともとはクルーニーのために書かれていたという保険調査員役を、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』などのオスカー・アイザックが務めている。(編集部・石神恵美子)

映画『サバービコン 仮面を被った街』は5月4日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]