シネマトゥデイ

未来の声の主は…?高橋一生&川口春奈主演で「九月の恋と出会うまで」映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
初共演を果たす川口春奈&高橋一生 - (C)松尾由美/双葉社(C)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

 松尾由美の恋愛小説「九月の恋と出会うまで」が、高橋一生川口春奈のダブル主演により2019年公開予定で実写映画化されることが決定した。本作は、小説家を目指す営業マンと、同じマンションの隣に越してきた女性が、壁から聞こえてくる奇妙な声を機に惹かれ合うラブストーリーで、高橋と川口が共演するのはこれが初。営業マン・進を演じる高橋は「僕はいま37歳で、この先こういった恋愛映画に出演する機会も少なくなるかと思い、ぜひこの役をやらせていただきたいと思いました」、隣人の女性・志織役の川口は「私は高橋一生さんと共演をしたいとずっと思っていたので、この作品でご一緒できることが本当に嬉しかったです」と心境を明かしている。

【写真】くしゃくしゃの笑顔がキュートな高橋一生

 “書店員が選んだもう一度読みたい文庫”恋愛部門第1位に選ばれた原作に基づく本作は、ある晩、風変わりなマンションに引っ越した志織が部屋の壁から「1年後の未来にいる」と言う男の声を聞くところから始まる。志織は男から隣に住む平野の尾行を頼まれるが、ある事件を境にその声は聞こえなくなり、声の主の謎を解くべく平野と行動を共にするうちに惹かれ合っていく……。映画『探検隊の栄光』『猫なんかよんでもこない。』、テレビ&映画「わたしに××しなさい!」などの山本透がメガホンを取る。

[PR]

原作書影 松尾由美『九月の恋と出会うまで』双葉社刊

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、「カルテット」、NHKの連続テレビ小説「わろてんか」などのテレビドラマや、映画『嘘を愛する女』『blank13』『空飛ぶタイヤ』『億男』など出演作が相次ぐ高橋。そんな高橋との共演を待ち望んでいたという川口に対し、高橋は「川口さんはお芝居のバランス感覚がとても敏感な方だと思ってお芝居を見ています」とコメント。“未来から来た”という声の主を巡るファンタジックな設定を含むラブストーリーを「人が人を想うことは、ある意味ファンタジックなことだと思うので、その部分をしっかりと描いてお芝居ができたらと思っています」と評している。

 なおプロデューサーの星野恵は「私を含め、多くの女性達は、自分が一途に想える“本当に好きになれる人“を探していると思いますし、自分を一途に想ってくれる人を探していると思います。そんな全ての女性たちの欲求を満たす、大人のラブストーリーにしたい」と本作の意図を説明している。(編集部・石井百合子)

映画『九月の恋と出会うまで』は2019年全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]