加藤浩次、二宮和也主演「ブラックペアン」で12年ぶりTBS連ドラ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
加藤浩次 - (C)TBS

 お笑いコンビ・極楽とんぼ加藤浩次が、二宮和也主演の日曜劇場「ブラックペアン」(TBS系、4月22日スタート・夜9時~)に出演することが決定した。シリーズ累計115万部を突破する海堂尊の小説に基づく本作で、加藤は、原作にないオリジナルのキャラクターとして、学術誌の最高権威である医療ジャーナル誌の編集長にふんする。加藤がTBSの連続ドラマに出演するのは2006年放送の「クロサギ」以来12年ぶり。「TBSドラマは12年ぶりということでちょっと緊張しておりますが、僕が演じるのは原作には出てこないドラマオリジナルの役なので、自分らしく精一杯演じ、観て頂いた方をスッキリさせられるように頑張ります」とコメントしている。

【写真】竹内涼真ら「ブラックペアン」場面写真

 本作は、東城大学医学部附属病院を舞台に、突如導入されることになった手術用最新医療機器に疑念を抱く天才外科医・渡海(二宮)が、大学病院という巨大な組織に立ち向かっていくさまを描く医療エンターテインメント。医師は学術誌に論文が載ることでインパクトファクターという業績を評価する指標を得られるため、加藤演じる池永英人(いけながひでと)は、日本心臓外科学会の理事選を競う東城大・佐伯教授(内野聖陽)と帝華大・西崎教授(市川猿之助)の命運を握る重要なポジションにある。

 常に冷静で中立的な立ち居振る舞いをする池永だが、その実態は? 前述のほか、竹内涼真葵わかな倍賞美津子加藤綾子小泉孝太郎らの出演が決定している。(編集部・石井百合子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]