博多大吉、コナン映画になじんでなくていい!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
今作のゲスト声優、博多大吉と上戸彩

 お笑い芸人の博多大吉が3日、都内で行われた『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』完成披露舞台あいさつに登壇し、自身の声が「(コナンに)なじんでなくてもむしろいい」とぶっちゃけた。この日は上戸彩青山剛昌(原作)、高山みなみ山崎和佳奈小山力也古谷徹、江戸川コナンの着ぐるみも登場した。

【写真】抜群スタイルの上戸彩

 劇場版22作目となる本作では、東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察の真っ向衝突が繰り広げられる。この日、「ここにいるのが大吉じゃなくて(主題歌を歌う)福山(雅治)さんだったら完璧なのに……という声なき声、熱く届いています」と自虐的にあいさつをした大吉は、司法修習生・羽場二三一役でゲスト出演している。

[PR]

 自身の声について最初は不安があったようだが、仕上がりを観ると「(他の声優が)すごすぎて、自分のことなんてどうでもいい。観終わった後に『あいつ出てた?』ってなると思います」と話し、「なじんでいなかったとしても許されると思いました」と続けた。

トークでイベントを盛り上げた大吉

 そんな大吉の声について、上戸は「(なじみ過ぎていて)さっき何回も『声入れました?』と確認しました」と報告。また、コナン役の高山が「熱いお芝居」と絶賛すると、大吉は「むやみにハードルを上げるのはやめてください」とタジタジだった。(取材・文:錦怜那)

映画『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』は4月13日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]