『リメンバー・ミー』ついに1位!今週も上位3作はアニメ

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
待望の1位! - (C) 2018 Disney / Pixar. All Rights Reserved. (C) 2018 Disney. All Rights Reserved.

 ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』が、2日に興行通信社から発表された土日2日間(3月31日~4月1日)の全国映画動員ランキングで1位を獲得。公開3週目にして待望のナンバーワンに輝いた。

【動画】これだけで泣ける…『リメンバー・ミー』日本版予告編

 ファミリー、大人同士のグループ、カップル、ティーンなど幅広い客層が訪れ、興行収入別ランキングでは3週連続で1位を記録している同作。公開3週目にしてついに動員ランキングでも1位になった。高評価な口コミも多く、何度も鑑賞するリピーターも増加中で、1日までの累計動員は216万人、累計興行収入は26億円を突破している。

[PR]

 先週、初登場1位スタートを切った『ボス・ベイビー』は今週、2位にランクダウン。土日2日間で動員31万8,000人、興収3億5,300万円と落ちの少ない興行を展開している。

 公開5週目を迎えた『映画ドラえもん のび太の宝島』の土日成績は動員28万9,000人、興収3億1,200万円で3位。1日時点での累計で動員371万1,016人、興収42億3,823万6,000円となり、新シリーズ最高興収となる44億3,000万円まであと2億円と、記録更新に王手がかかった。

 メリル・ストリープトム・ハンクスが初共演を果たしたスティーヴン・スピルバーグ監督による社会派ドラマ『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』は、動員11万人、興収1億2,800万円をあげ5位に初登場となった。

 オスカー女優ジェニファー・ローレンスが、『ハンガー・ゲーム』シリーズのフランシス・ローレンス監督と組んだサスペンスアクション『レッド・スパロー』は7位にランクイン。初日を含めた3日間の成績は、動員8万2,737人、興収1億66万6,100円となった。

 ほか新作では、人気コミックをジャニーズの新グループ King & Prince平野紫耀平祐奈の主演で映画化した『honey』が9位スタート。土日2日間で動員5万5,097人、興収6,406万5,900円を記録している。また、リーアム・ニーソン主演『トレイン・ミッション』は初登場10位。初日を含めた3日間の成績は、動員6万8,738人、興収8,205万5,900円となった。リュック・ベッソン監督の『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は惜しくも11位スタートとなった。

[PR]

 既公開作品では、土日2日間で動員12万4,000人、興収1億3,700万円をあげ4位をキープした『ちはやふる -結び-』が、累計で動員102万人、興収11億円を突破。公開7週目の『グレイテスト・ショーマン』が累計で動員294万人、興収40億円に到達している。

 今週末は『クソ野郎と美しき世界』『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』『娼年』『ワンダーストラック』『ダンガル きっと、つよくなる』『ミスミソウ』『ラブレス』などが公開予定となっている。

【2018年3月31日~4月1日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位

1(2)『リメンバー・ミー』:3週目
2(1)『ボス・ベイビー』:2週目
3(3)『映画ドラえもん のび太の宝島』:5週目
4(4)『ちはやふる -結び-』:3週目
5(初)『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』:1週目
6(5)『グレイテスト・ショーマン』:7週目
7(初)『レッド・スパロー』:1週目
8(6)『映画 プリキュアスーパースターズ!』:3週目
9(初)『honey』:1週目
10(初)『トレイン・ミッション』:1週目

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]