『ロード・オブ・ザ・リング』ドラマ化、製作費は1,000億円以上に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
テレビドラマは映画を超える壮大なスケールに!? - New Line Cinema / Photofest / ゲッティ イメージズ

 現在、米Amazonがドラマ化を進めている『ロード・オブ・ザ・リング』の製作費が総額10億ドル以上になると Hollywood Reporter が報じている。

【画像】ホビット達も帰ってくる?第1作『ロード・オブ・ザ・リング』場面写真

 『ロード・オブ・ザ・リング』のドラマ化をめぐっては、AmazonとNetflixが争奪戦を繰り広げていたが、昨年の11月にAmazonが2憶5,000万ドル(約275憶円)で権利を獲得した。ドラマ版はAmazon、トールキン財団、出版社のハーパーコリンズ、ニュー・ライン・シネマによる共同製作となり、10億ドル(約1,100億円)以上にも及ぶ製作費を費やして全5シーズンを完成させるという。(1ドル110円計算)

[PR]

 2001年に『ロード・オブ・ザ・リング』を映画化し、その後スピンオフを含め6作を製作した米ワーナー・ブラザースとニュー・ライン・シネマはテレビ版の権利を持っていない。しかし、Amazon側が映画版からの引用も検討しているとのことから、両社の代表が話し合いに持ち込んだとも報じている。

 現時点で映画版の監督を務めたピーター・ジャクソンが製作総指揮として参加するかは不明だという。しかし、最近になってピーターの代理人であるピーター・ネルソンがAmazonとの交渉を受け持っていることも Hollywood Reporter によって明らかになった。

 10億ドル以上の製作費をつぎ込む場合、テレビドラマ史上最も高額な作品となるという『ロード・オブ・ザ・リング』は、2年以内に製作開始を目指しているという。作品の概要はまだ明かされてはいないが、映画第1作の前日譚(たん)とさらなるスピンオフ作品の製作を予定している。(編集部:倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]