シネマトゥデイ

長瀬智也、守りたいのは愛する人

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
長瀬の守りたい意外な人とは!?

 TOKIO長瀬智也が23日、都内で行われた映画『空飛ぶタイヤ』プレミアイベント&完成披露試写会に登壇し、自分が守りたいものについて語った。イベントには、ディーン・フジオカ高橋一生深田恭子寺脇康文小池栄子阿部顕嵐Love-tuneジャニーズJr.)、中村蒼浅利陽介本木克英監督も登場した。

長瀬、ディーン、高橋、深キョン…超豪華なレッドカーペット【写真いっぱい】

 本作は池井戸潤のベストセラー小説の実写映画化。トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)が自社の無実を証明すべく、製造元の大手自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む姿を描く。

[PR]

 長瀬は「池井戸さんの作品には初めて出させていただき、慣れない社会派のドラマに挑戦させていただきましたが、作品のメッセージに共感し、このメッセージを届けるためだけに今日まで頑張ってきたような気がします」としみじみ。また、「僕らが生きていく中で避けては通れない社会。その中には目に見えないものがたくさんあるんですよね。僕もなんとなく感じています。そういう思いがキャストやスタッフの中にあって、それが一つの大きな塊になったものがこの作品だと思っています」と語ると、「純粋にこの作品を楽しんで感じたことが、僕たちが伝えたかったもので、池井戸先生が僕らに与えてくれたメッセージなので、ぜひ胸にしまってほしい」とアピールした。

 その後、作品にちなんで守りたい物をたずねられると、長瀬は「やっぱり、愛する人じゃないですかね。いれば!」と返答。MCから「TOKIOのメンバーじゃない?」とツッコまれると、「気持ち悪いですから」と渋い顔をのぞかせ、「赤松のように家族がいたら(守りたい)」と打ち明けた。さらに「あとは寺脇さんを守りたいですね」と意外な告白も。「本当に昔からお世話になっているんですよ。役者の世界でもこれだけ年が離れたらコミュニケーションは取りづらいけど、寺脇さんの方から合せてくれたり、阿部くんにも(自分から)行ってあげている」と明かすと、「大人になってもありがたみを感じているので、長生きしてください」と呼び掛けていた。

 そんな寺脇は、長瀬とはドラマ「D×D」(1997)で共演しており、「一緒にバカなことを言って遊んだり、キャッチボールをしたり、ロケバスで寝ている長瀬くんにメイクさんが勝手にメイクをしたり……」と当時を回顧し、「本当に大人になりましたね」と感慨深げな表情を見せていた。(取材:錦怜那)

映画『空飛ぶタイヤ』は6月15日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]