メリル・ストリープ、パナマ文書が題材の新作で主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
さすが! - 主演のメリル・ストリープ - Max Mumby / Indigo / Getty Images

 映画『トラフィック』『エリン・ブロコビッチ』などのスティーヴン・ソダーバーグ監督が手掛けるパナマ文書を題材にした新作『ザ・ラウンドロマット(原題) / The Laundromat』で、俳優としてアカデミー賞最多ノミネートを誇るメリル・ストリープが主演を務めることが決まり、ゲイリー・オールドマンアントニオ・バンデラスが出演交渉に入っていると The Hollywood Reporter などが報じた。

【動画】ソダーバーグがプロデューサーを務める女性版オーシャンズ!

 今作は、米国人ジャーナリスト、ジェイク・バーンスタインが執筆した著書を基に、ソダーバーグ監督作品の常連脚本家スコット・Z・バーンズが脚色する予定。ソダーバーグ監督はバーンズや『スポットライト 世紀のスクープ』のマイケル・シュガー、『ライト/オフ』のローレンス・グレイらと共に製作を担当する。租税回避行為に関する一連の文書が匿名の情報提供者によってパナマの法律事務所モサック・フォンセカから明らかにされた経緯を描いていくストーリー。

 ちなみに今作のほかに、ドイツのジャーナリスト、フレデリック&バスティアン・オーバーマイヤーの著書「パナマ文書(The Panama Papers: Breaking the Story of How the Rich & Powerful Hide Their Money)」をNetflixが映画化する企画もあるようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]