シネマトゥデイ

『万引き家族』子役・城桧吏、樹木希林絶賛のずぶ濡れシーン振り返る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子役の城桧吏

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した映画『万引き家族』の公開記念舞台あいさつが9日に都内で行われ、ポスト“柳楽優弥”の呼び声高い子役の城桧吏が来場し、撮影の日々を振り返った。

【動画】『万引き家族』予告編

 『誰も知らない』『そして父になる』の是枝裕和監督の最新作となる本作は、犯罪でしかつながることができなかった家族の絆を描き出す衝撃のドラマ。イベントには、リリー・フランキー安藤サクラ松岡茉優佐々木みゆ樹木希林、是枝監督も来場し、カンヌ国際映画祭後初めて“家族”を演じたキャストが全員そろった。そこに、池松壮亮も加わった出演者たちを見た是枝監督も「このメンバーでお客さまの前に立つことができてうれしく思っています」と誇らしげな顔を見せた。

[PR]

 劇中に登場する息子の祥太を演じた城、そして治(リリー)に拾われてきた少女を演じた佐々木はオーディションによって選ばれた。台本を渡さないことで、子どもたちのみずみずしい演技を引き出す是枝演出は今回も健在。特に貧しいながらも凜としたたたずまいで存在感を見せる城の演技は、『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭史上最年少の男優賞受賞となった柳楽を彷彿させるとして注目されている。そんな城を見たリリーが、「(この日のためにおめかしして)こんなにきれいな城くんは見たくなかったかも」とジョークを飛ばすと、思わず城も笑顔になった。

 また、樹木が好きなシーンとして、どしゃぶりの雨の中で二人の子どもがずぶ濡れになりながらも駆けてきて、急いで家に戻ってくるシーンを挙げる一幕も。このシーンで大人たちの生々しい営みと、子どもたちの無邪気さを地続きで描ききった是枝監督に向かって「腕を感じました」と称賛した樹木は、「見事なシーンでしたね。あれは偶然に雨が降ってきたんですよ。ホースじゃないの。あなた(是枝監督)はツイているわね」と呼びかける。

 それを受けた是枝監督は「あそこは前後関係なく。雨が降ってきたので、(二人に)とりあえず走ろうかと言って撮影したシーンだったんです。あそこから脚本を書き直して、あのシーンを考えました」と述懐。すかさず樹木が「だからお金なんてかかってない映画なのよ。なりゆきだから」と付け加えると、会場は大笑い。そんな中、城は「あの時はあまりにも大雨なんで。普段は傘をさすんですけど、あの時は雨にわざと濡れて気持ちよかった」と笑顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『万引き家族』は全国公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]