岩田剛典の涙は『Vision』脚本になかった

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「英語のセリフがあった時はどうしようかと思いました」岩田剛典

 映画『Vision』公開記念舞台あいさつが9日に都内で行われ、登壇した岩田剛典EXILE / 三代目 J Soul Brothers)が、脚本にはない涙が自然とあふれたシーンの撮影を振り返った。

「ボンジュール」とあいさつした岩田剛典【写真】

 本作は、奈良・吉野の山深い森を舞台に、幻の植物“Vision”を探しにやってきたフランス人エッセイストのジャンヌ(ビノシュ)と山守の男・智(永瀬)を軸に、森で出会った人々の数奇な運命を描いたヒューマンドラマ。

[PR]

 イベントには、フランスの名女優ジュリエット・ビノシュ永瀬正敏夏木マリ美波河瀬直美監督も出席。岩田は、永瀬らが「ボンジュー」とフランス語らしい発音であいさつをする中、「みなさん、ボンジュール」と語尾まではっきり音を出してファンを笑わせつつ、「この作品は日本の美しさが映像に表れている、美しい日本映画だと思います」とアピールした。

 そして、自身が演じた鈴という役柄について、「台本を読んで、英語のセリフがあった時はどうしようかと思いました」と苦笑いしながら、「実際に奈良で生活をしつつ撮影をしていくんですが、(英語で)アドリブを返せるように自分なりに努力しました」と回顧。また、「ビノシュさんの包み込む母性に助けていただきました。目と目が合うだけで伝わるようなものが切り取られた映像だと思うので、微妙な表情の違いなどが伝わるといいな」と期待を寄せた。

 そんな中、河瀬監督は「ポトフを食べているシーンで、がんち(岩田)が泣いちゃうのは脚本になくて、ジャンヌや智と目を交わし合う中で、涙が自然に出てきた」と述懐。岩田は「アドリブというか、そのシーン丸ごと日常生活を切り取る感じで撮影をしていたので、自然に鈴になった感情で(涙が)出てきました」と振り返った。すると河瀬監督は「ドラマ(「崖っぷちホテル!」)を観ている人は全く違う岩田くんを見られるので、ぜひ『Vision』に足を運んでいただければ」とリクエスト。岩田も「同じくそう思います」と同調した。

[PR]

 ビノシュは、「『この人、知っている。また会えたな』という気持ちが最初からしましたよ」と岩田との初対面の印象を明かすと、「日本に息子がいるなんて思っていなかった」と語る。それを聞いた岩田は「僕もフランスのお母さんだと思っています」と返し、会場の笑いを誘った。

 最後に、河瀬作品にしては異例の若い女性客が占めた会場を見渡した河瀬監督は、同日公開した日本の社会の闇を描いた是枝裕和監督の新作『万引き家族』や、カンヌ国際映画祭でビノシュが「映画は光だ」とコメントしたことに言及した上で、「光がなければわたしたちは存在しない。その原点にかえって(長編劇映画)10作目を作り上げました」と胸を張ると、「今日、全国で観られている皆さん、ここにいらっしゃる岩田さんのファンの皆さん、是非まだ見ぬ世界に私たちと一歩を踏み出して」と笑いを交えながら呼び掛けていた。(取材:錦怜那)

映画『Vision』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]