池松壮亮主演『君が君で君だ』上海国際映画祭で上映決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
池松壮亮主演『君が君で君だ』が上海で上映へ! - (C)2018「君が君で君だ」製作委員会

 池松壮亮主演、『アズミ・ハルコは行方不明』の松居大悟監督による異色ラブストーリー映画『君が君で君だ』が、6月に開催予定の第21回上海国際映画祭のGALA部門にて上映されることが決定した。

映画『君が君で君だ』予告編

 上海国際映画祭は、会期中に国内外約500作品が上映されるアジア圏最大規模の映画祭。本作が上映されるのは7枠のみのガラ部門で、6月19日に約2,000人を収容する上海最大級の座席数を誇る「SFC Shanghai Cinema Hall1」にて上映される。当日は主演の池松、松居監督による舞台あいさつも予定されている。

[PR]

 松居監督は今回の決定について「僕らが海外映画祭に出品して参加することを大切に思っているのは、そこで世界における日本映画の立ち位置を意識して、今この国で何を作るべきか、すごく考えるからです。そこで生まれたものを映画として発信しようとすると、ちょっとわかりづらいなぁ、とは言われるのですが。世界を変えるような映画だと思うんです。本当の意味での世界なのか、あなただけの世界なのかわからないけれど。だからこそ、映画祭出品うれしいです」と喜びのコメントを寄せている。

 松居監督が長年温め続けてきた自身オリジナルの原作を映画化した本作は、好きな女の子の好きな人になりきって、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を描いた恋愛譚。池松が日本の伝説のロックシンガー・尾崎豊に、満島真之介がハリウッドスターのブラッド・ピットに、そして大倉孝二が歴史上の人物・坂本龍馬になりきる男たちを演じる。ヒロインを務めるのは、『息もできない』などの韓国人女優キム・コッピ。松居監督がつむぐこの風変わりなラブストーリーはどのように受け止められるのか、期待が高まる。(編集部・石神恵美子)

映画『君が君で君だ』は7月7日より全国公開

[PR]

<松居大悟監督コメント全文>

もはや海外映画祭出品なんて国内ではウェブニュース1発で流れてしまうような出来事なのかもしれません。リリースしなければ、知らないまま終わる。それでも僕らが海外映画祭に出品して参加することを大切に思っているのは、そこで世界における日本映画の立ち位置を意識して、今この国で何を作るべきか、すごく考えるからです。そこで生まれたものを映画として発信しようとすると、ちょっとわかりづらいなぁ、とは言われるのですが。世界を変えるような映画だと思うんです。本当の意味での世界なのか、あなただけの世界なのかわからないけれど。だからこそ、映画祭出品うれしいです。海の向こうの上海の方にどういう反応が来るのかこれありきたりですねやめましょう。高校の試写を何回かしてて、彼らが言葉に詰まりながら興奮してたんです。『君が君で君だ』の中にいる、あなたの中にもいたはずの、いるはずの、無垢な少年少女を見つけてください。よろしくお願いします。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]