アリシア・ヴィキャンデル、画家と不倫する人妻に…『チューリップ・フィーバー』10月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
フェルメールの絵画のように美しいアリシア・ヴィキャンデル - (c) 2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル(『リリーのすべて』)が若き肖像画家と許されぬ恋に落ちるさまを描いた映画『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』が、10月6日より日本公開される。

アリシア・ヴィキャンデル in 日本庭園!初来日時フォトギャラリー

 舞台は、球根1個の価格が邸宅1軒分にも相当するという「チューリップ・バブル」真っただ中の17世紀オランダ。父親と変わらないほど年の離れた夫を持つソフィア(アリシア)が、夫婦の肖像画を描くために雇われた若く情熱的なヤン(デイン・デハーン)と恋に落ちるさまを描く。ソフィアはこの許されない愛を貫くためにある計画を立てるが、ヤンが希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから運命の歯車が狂い出し……。

[PR]

 原作小説(デボラ・モガー著)は“フェルメールの絵画の世界を小説に”というアイデアから生まれただけに、アリシアが「真珠の耳飾りの少女」をオマージュした衣装をまとうなど、まるで絵画のような美しさの映画に。モガーは『恋におちたシェイクスピア』のトム・ストッパードと共に脚本も手掛け、『ブーリン家の姉妹』のジャスティン・チャドウィックが監督。ソフィアの年の離れた夫役はクリストフ・ヴァルツ、チューリップを栽培する修道院の院長役はジュディ・デンチとオスカー俳優たちが脇を固めている。(編集部・市川遥)

映画『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』は10月6日より新宿バルト9ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]