シネマトゥデイ

劇場版『名探偵コナン』ゲスト声優の起用理由

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
立川譲監督と諏訪道彦プロデューサー

 映画『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』の立川譲監督と諏訪道彦プロデューサーが、28日にデジタルハリウッド大学の駿河台キャンパスで行われた公開講座に登壇し、劇場版シリーズに毎年登場するゲスト声優の起用理由について明かした。

【写真】キャラ対比表など資料もいっぱい!

 「監督・プロデューサーが語る映画『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』ができるまで」という講座では、数々の興味深い裏話が2人から明かされる中、本作のゲスト声優に言及するひと幕があった。毎年ゲスト声優が話題となる『名探偵コナン』劇場版シリーズ。今年のゲスト声優は、容疑者となってしまった毛利小五郎を担当する弁護士・橘境子役に上戸彩、かつて境子が所属していた弁護士事務所で事務員をしていた羽場二三一役に博多大吉が起用された。

[PR]

 諏訪プロデューサーは、ゲスト声優の選び方について、第一は「うまい方にお願いすること」、第二は「パブリシティー」と説明。「やはりアニメ映画の宣伝の切り口は主題歌とゲスト声優しかないですから」と語る。上戸の起用について「ネームバリューはもちろんですが、上戸さんはお子さんもいらっしゃる。また、『コナン』にも出てもらったことがあり、コナン好きというのはその当時から知っていました。そういう親和性を重んじてオファーを送りました」と解説。「上戸さんも『自分の声に聞こえないように努力した』と言っていましたね」と満足げな顔を見せた。

 一方の大吉のキャスティングは「変化球」だったのだとか。諏訪プロデューサーは、「故人の役なので、変化球的なものも必要だよねと。でも真面目で裁判官になりたいと直訴してしまうような役。だからこそ大吉さんがいいと思いました」と説明。昨年の宮川大輔に続き、ゲストに吉本芸人が続いていることについては「偶然」と言いつつも、「吉本さんはキャラクター、人物の宝庫なので、いい化学反応を作ろうと思っています」と付け加えた。

 「ゲスト声優さんは若い方、新しい方も選ばせていただいているのですが、だいたいビッグになられている。大吉さんも(もともと人気芸人だったことに加えて)急に朝の顔になりましたからね。こんなことってあるんだなと思いました」としみじみ語っていた。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]