ティモシー・シャラメ、『砂の惑星』再映画化で主演か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
大注目の俳優 - ティモシー・シャラメ - Christopher Polk / Getty Images

 フランク・ハーバートの名作SF小説「デューン 砂の惑星」シリーズの再映画化作品で、映画『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメが最終出演交渉に入っているとDeadlineほか複数のメディアが報じている。

【場面写真】カイル・マクラクラン版『砂の惑星』

 フランク・ハーバート著の全6作から成る「デューン 砂の惑星」シリーズは、砂に覆われ巨大な虫が支配する惑星アラキス、通称“デューン”を舞台に繰り広げられる権力闘争を描いたSF超大作。1984年に映画『ブルーベルベット』、テレビシリーズ「ツイン・ピークス』のデヴィッド・リンチがメガホンをとった映画『砂の惑星』は、今でもカルト的人気を誇っている。

 今回のリメイク作品では、映画『メッセージ』『ブレードランナー 2049』などのSci-Fi映画で注目されたドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンを取り、映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』のエリック・ロスが脚色しており、2部構成以上になるとヴィルヌーヴ監督は明かしている。ティモシー・シャラメの出演が決まれば、オリジナル映画版でカイル・マクラクランが演じたポウル・アトレイデスを演じることになる。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]