シネマトゥデイ

上白石萌歌、家族の愛は「いってらっしゃい」の言葉

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主人公のくんちゃんに声を吹き込んだ上白石萌歌

 映画『未来のミライ』の初日舞台あいさつが20日に都内で行われ、声優を務めた上白石萌歌黒木華星野源麻生久美子細田守監督が浴衣姿で登壇した。映画にちなんで家族の愛をテーマにトークを行い、主人公・くんちゃんに声を吹き込んだ上白石が、「いってらっしゃい」という言葉に愛を感じていたことを明かした。

【写真】声優陣が涼しげな浴衣で登壇!

 この日は、客席に赤ちゃん連れや親子の姿も多く見受けられ、細田監督は「映画館に小さい子どもを連れていってはいけない雰囲気がありますが、この映画は4歳の子どもが主人公で、小さな子どもにも家族の愛の力が伝わる作品です。遠慮なく子連れで来てください」と力強くアピールした。

[PR]

 また、作品のテーマにちなんで「家族の愛を感じる瞬間」というテーマで登壇者たちがトークを展開。現在は姉で女優の上白石萌音との二人暮らしをしている上白石は、実家に家族と住んでいるときに「いってらっしゃい」という言葉に強い愛を感じていたのだと振り返った。

 くんちゃんの父親役を務めた星野は、家族愛を感じる瞬間として、子どもの頃のエピソードを披露した。一人っ子の星野は、両親が仕事のために一人で留守番をしなければいけない日が続いたことがあり、数日間一人が続いたある日、自宅に帰るとテーブルに紙が置いてあったのだという。それは宝探しのように、お菓子の詰め合わせにたどり着くという両親の演出だったということで、星野は「僕のことを考えて親がやってくれたということがうれしかった。こうして愛を受けて育ったことが、楽しいものを作り出したいという性格の形成につながっていると思います」と懐かしそうに語った。

 また、黒木は「普段は信頼して放っておいてくれるのに、実家に帰るとき『華の好きなもの作って待っているね』と言ってくれる家族の安心感」と回答。麻生は、出演した舞台の地方公演が終わったときにサプライズで夫と娘が新幹線の改札で待っていてくれたときのことを振り返り、娘が麻生の顔を見た瞬間泣き出したことが「うれしくて無性に感動しました」と嬉しそうに口にした。

 『未来のミライ』は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』などの細田監督が描く家族がテーマのアニメーション映画。世界最大規模のアニメ映画祭として知られるアヌシー国際アニメーション映画祭の長編部門コンペティションに選出されるなど、世界的に注目されており、96の国と地域での配給も決まっている。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]