シネマトゥデイ

篠原涼子&西島秀俊が悲劇の夫婦を熱演『人魚の眠る家』緊迫の特報

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『人魚の眠る家』ビジュアル - (C) 2018「人魚の眠る家」 製作委員会

 篠原涼子が主演を務め、西島秀俊と夫婦役で初共演する映画『人魚の眠る家』(11月16日公開)の特報が公開。昏睡状態に陥り回復の見込みのない娘を生かすのか、死なせるのか決断を迫られる夫婦、2人を取り巻く緊迫した人間模様が収められている。

【動画】『人魚の眠る家』特報

 東野圭吾のベストセラー小説を、『TRICK』『天空の蜂』などの堤幸彦監督が映画化する本作。医師(田中哲司)から脳死状態の可能性を告げられる和昌(西島)&薫子(篠原)、眠り続ける娘を前に「この子は生きています」と懇願するように叫ぶ薫子、最先端技術を使った前例のない延命措置を提案する和昌。特報では、離婚を決意していた仮面夫婦が、突然の悲劇に見舞われる様子が矢継ぎ早に映し出されていく。

[PR]

さらに、2人の決断に翻弄される家族(田中泯松坂慶子)、技術研究者(坂口健太郎)とその恋人(川栄李奈)も見られ、俳優陣たちの鬼気迫る表情が鮮烈な印象を放つ。

 終盤、薫子のアップと共に意味深なキャッチコピー「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。」は何を示すのか。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]