シネマトゥデイ

明石家さんま、小出恵介の代役・玉山鉄二を称賛

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
明石家さんまと玉山鉄二

 明石家さんまが19日、都内で行われたNetflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」完成披露試写会イベントに登壇し、さんま役が小出恵介から玉山鉄二へと変更となった際の知られざる裏側を明かした。この日は、玉山、中尾明慶尾上寛之六角慎司宇野祥平木南晴夏ジミー大西も来場。MCは次長課長河本準一が担当した。

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』予告編

 さんま企画・プロデュースで、お笑いタレント・ジミー大西の半生に迫る本ドラマは、子供の頃から何をやっても失敗ばかりしていたジミー(中尾)が、さんま(玉山)に見出されて芸人としての才能を開花させていくさまを、うそのような爆笑エピソードを交えて描き出す。当初は小出がさんま役を務め、昨年7月に世界配信される予定だったが、小出の無期限活動停止を受けて企画は一時ストップ。その後、玉山がさんま役に抜てきされて撮影・再編集され、ついに日の目を見ることになったが、さんまの口から意外な事実が明かされた。

[PR]

 実は、最初にさんまがオファーをしたのは小出ではなく玉山だったそう。「こいつ、断りよったんですよ」と暴露されると、玉山は「荷が重くて……」と苦笑い。続けて、小出が起こした事件後に「玉山くんが『俺の責任だ。俺が引き受けていたらこんなことにならなかった』と反省して、引き受けてくれた」とさんまは語りながら称え、河本も「かっこいい」と続けると、玉山は照れ臭そうに笑っていた。

 撮影中を振り返る玉山が、「みなさんは一回(撮影を)やっているから、テンションについていくのが大変で……」と回顧すると、さんまも「やりにくかったと思う」と同調。また、玉山はYouTubeでバラエティ番組に出演しているさんまの姿を見て、必死に勉強していたことも明かすと、「一か月間突っ走って、振り返る実感がなかったです」と苦しさをのぞかせつつも、充実した表情を見せた。その後も、玉山は「一つの作品で二度オファーが来た。嘘やろ……と思いました」とぶっちゃけつつ、最後は「この日を迎えられて感無量です」と感謝のメッセージを送り、会場を沸かせていた。(取材:錦怜那)

Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」は7月20日よりNetflix にて全世界190カ国独占配信

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]