シネマトゥデイ

志尊淳『走れ!T校バスケット部』バスケシーンに自信!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
志尊淳、美しすぎる

 俳優の志尊淳が8日、六本木ヒルズアリーナで行われた映画『走れ!T校バスケット部』キックオフミーティングに早見あかり戸塚純貴佐藤寛太鈴木勝大と共に登壇。あいにくの荒天で雨が降りしきるなか、会場に訪れた約200名のファンの前で、「本格的なバスケシーンが見られます」と本作への自信をのぞかせていた。

【写真】志尊淳らのユニフォーム姿!

 志尊は、雨にもかかわらず会場を埋め尽くしたファンに感謝の意を述べるとともに、同作の撮影を振り返った。クランクインの3か月前から、元バスケットボール日本代表の半田圭史の特訓を受けてバスケシーンに臨んだことを明かした。さらに、「生半可な気持ちでやっていないので」と力強く語り、バスケシーンを見どころの1つに挙げていた。

[PR]

 マネージャーとして部員を支える佐藤浩子を演じた早見は「本当に合宿だったよね」と撮影が部活さながらのハードなものだったと思い返していたが、志尊は「でも、青春時代を疑似体験でき充実した現場でした」と爽やかな笑顔を浮かべていた。

 この日は、スペシャルゲストとして、バスケットボールBリーグ千葉ジェッツの原修太選手、川崎ブレイブサンダースの藤井祐眞選手、U15の廣岡大翔選手、近藤亮太郎選手も登壇。志尊の言葉通り、バスケシーンについて原選手が、「バックドアカットの場面など見ごたえ十分でした」と賞賛。藤井選手も、「弱小チームが優勝を目指して頑張る姿はいいですよね」とコメントした。

志尊淳のフリースロー中、祈る戸塚純貴と鈴木勝大

 イベント中盤には、『走れ!T校バスケット部』、「Bリーグ」それぞれのプロモーション活動を賭けたフリースロー対決が行われた。台風の影響で風と雨に悩まされ、お互いにゴールを外すことが多かったが、サドンデス方式での戦いの結果、最後に早見がフリースローを決めて「T校バスケット部」が勝利。Bリーグ選手たちが、全力で本作の応援をすることを約束したが、志尊は「今日お会いしてみなさんのファンになってしまいました。僕らも全力でBリーグを応援したいです」と互いに手を取り合い今後の活躍を誓っていた。

 本作は、松崎洋の青春小説を、映画『今日、恋をはじめます』などの古澤健監督が映画化。いじめを受けてバスケットボールの強豪校を退学した主人公の田所陽一(志尊)が、転校先の弱小バスケ部のチームメイトと共に勝利を目指し奮闘する姿を描いた青春ストーリー。(磯部正和)

映画『走れ!T校バスケット部』は11月3日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]