『アベンジャーズ』悪役サノスの演技を支えた最新技術

アベンジャーズが立ち向かう悪役サノス
アベンジャーズが立ち向かう悪役サノス - (C) 2018 MARVEL

 マーベル映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、最強のヒーローチーム“アベンジャーズ”が対峙する悪役サノスの誕生を追った特別映像が公開された。

【動画】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』特別映像

 サノスは、己の信念に基づき、全宇宙の生命の半分を消し去ろうとしている、最強最悪の敵。劇中では、実力派俳優として知られ、『デッドプール2』ではケーブルも演じている名優ジョシュ・ブローリンが演じおり、まさに、ラスボスにふさわしい貫録を見せている。

[PR]

 特別映像では、ジョシュが俳優のアクションをキャラクターに反映する、モーションキャプチャー用のスーツで撮影に挑む姿が映し出されている。自らを正しいと信じるサノスについて「複雑なキャラクターだ」と語るジョシュ。特殊効果スタッフは、そんな彼の表情だけでなく、目の動きまでキャプチャーしたと証言している。

 そんな本作の撮影では、従来以上のキャプチャー技術が要求された。これを手掛けたのが、ジェームズ・キャメロンスタン・ウィンストンらによって設立された老舗のVFX制作会社デジタル・ドメインだ。

 同社でシニアVFXスーパーバイザーを務めるケリー・ポートは、サノスのキャプチャー作業についてこう語る。「彼(ジョシュ)の演技はとても繊細なんだ。よく見ないと全然動いていないように見えるんだけど、肌の上のほんのちょっとした動きで、力強い何かを表現しているんだ。だから僕らは、ジョシュの演技の細部まで、忠実に取り込むことに集中したよ」

 皮膚の表現では、表面だけでなく、複雑な光の反射の表現などに徹底的にこだわった。ポートは「とても大変な作業だけど、だから本物のように見えるんだ」と胸を張っている。人気ヒーローの共演はもちろん、彼らに匹敵する魅力を放つサノスの演技にも注目だ。(編集部・入倉功一)

002
(C) 2018 MARVEL

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは9月5日発売 価格:4,200円+税 先行デジタル配信中

サノス撮影の裏側!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』特別映像 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]