生田斗真、PFFコンペ最終審査員に!5名発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左から佐藤公美(映画プロデューサー)、大九明子(映画監督)、佐藤信介(映画監督)、冨永昌敬(映画監督)、生田斗真(俳優)

 俳優の生田斗真が、9月8日に開幕する「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のコンペティション部門「PFFアワード」において、入選18作品を審査する最終審査員に決定した。その他の審査員に、映画監督の佐藤信介大九明子冨永昌敬、映画プロデューサーの佐藤公美

【写真】昨年のグランプリ受賞作

 「PFFアワード」は、本映画祭のメインプログラム。若手映画監督の登竜門として知られ、これまでに石井岳龍黒沢清園子温橋口亮輔塚本晋也矢口史靖李相日荻上直子石井裕也山戸結希ら120名を超えるプロの映画監督を輩出してきた。

[PR]

第40回PFFメインビジュアル

 最終審査員は、529本の応募から入選を果たした18作品を審査し、9月20日の表彰式でグランプリ他各賞を発表。21日、22日に各受賞作品が上映される。なお、審査員は映画監督を含むクリエイターが務め、毎年異なる顔ぶれで編成される。

 今年は、瑛太と共演したサスペンス『友罪』が記憶に新しい生田斗真のほか、『いぬやしき』『BLEACH』が相次いで公開された佐藤信介監督、松岡茉優主演作『勝手にふるえてろ』の大九明子監督、『素敵なダイナマイトスキャンダル』『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬監督、11月9日公開の趣里主演作『生きてるだけで、愛。』アソシエイトプロデューサーの佐藤公美が最終審査員を務める。

 チケットは8月18日発売。(編集部・石井百合子)

「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」は、9月8日から22日まで国立映画アーカイブにて開催※月曜休館

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]