押井守、映画はフェチの塊!女性へのこだわり明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新著「シネマの神は細部に宿る」を手にする押井守監督

 『機動警察パトレイバー』『攻殻機動隊』シリーズなどで知られる映画監督・押井守が21日、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI で行われた著書「シネマの神は細部に宿る」の発売記念イベントに出席。「映画の本質の半分はフェチ」「自分の作品、特にアニメはフェティシュの塊です」と持論を展開し、『攻殻機動隊』の草薙素子(くさなぎ もとこ)のキャラクター造形についてや、女性キャラクターへのこだわりも明かした。

【動画】「攻殻」はハリウッドで映画化『ゴースト・イン・ザ・シェル』予告編

 押井監督が、自身の「フェティッシュを刺激した」いつまでも忘れられない映画をジャンルごとに紹介していく本書。歴史的名作のみならずB級、C級作品まで、押井監督の心を捉えて離さない映画について、映画ライター・渡辺麻紀を対話相手に、あふれんばかりの毒舌と愛で語り尽くす。

[PR]

 本書を通じた経験に「麻紀さんと僕は、観ている映画はとても近いのに、作品を観るポイントが全然違う。映画って、観る人によって、違うものを観ているんだっていう、当初の僕の目論見通りの展開でした。してやったり」と満足そうな押井監督。「人が同じ映画を何度も観る理由は何なのか、考えてみたかった。映画の本質は、フェチですから」と細部への偏愛を切り口に、本書では映画の独自の観方を提示する。

 そこで、自身の作品における「偏愛が詰まった細部はどこ?」と報道陣に尋ねられた押井監督は「振り返ってみれば(自作は)フェチの塊です、特にアニメは。草薙素子は、筋骨隆々の女性として登場させたかったんだけど、僕は絵の描けない監督だから、アニメーターと女性のタイプが一致しなくて、最大にモメた。僕の場合、女性は骨格なんですよ。鎖骨、手首、足首の骨が浮いて見える感じ。あの作品ではそれがやれた。アニメには作家の本質があからさまに出やすいんです」と熱っぽく述懐した。

 さらに実写映画でも、女優を選ぶ際にこだわりがあるそうで「基準は、やせていること、髪はショートカットで、できればオカッパ。それと鉄砲が似合うこと」とのこと。『THE NEXT GENERATION パトレイバー』シリーズでカーシャ役を務めた太田莉菜が、まさにイメージぴったりの役を務めており「(彼女は)ロシア人とのハーフなので、あんなにAK-47(自動小銃)が似合う子を見たことがなかった」と絶賛していた。

[PR]

 女優や鉄砲、男優、食べ物、制服、モンスター、日本刀、戦車など、押井監督が本書で取り上げたフェティッシュは多岐にわたる。「これだけあれば、読者もどこかにひっかかるでしょう。意外にも、自分が思ってもみないところに、自分のフェチがあるかも。好きなところから、面白おかしく読んでもらえればいいです」と笑顔で語っていた。(取材・文/岸田智)

書籍「シネマの神は細部に宿る」は発売中(定価:本体1,600円+税)
発行:東京ニュース通信社 発売:徳間書店

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]