木村拓哉と二宮和也のタッグは最初で最後?二宮、再共演の話に感謝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
木村拓哉は悪役に乗り気

 映画『検察側の罪人』(公開中)の初日舞台あいさつが24日、TOHOシネマズ日比谷で行われ、主演の木村拓哉、共演の二宮和也吉高由里子松重豊八嶋智人原田眞人監督が登壇した。二宮は、木村との共演は「最初で最後」のつもりで本作に挑んだことを明かした。

映画『検察側の罪人』予告編

 雫井脩介のミステリー小説を、木村と二宮の初共演で映画化した本作。東京地方検察庁を舞台に、人望の厚いエリート検事・最上(木村)と彼に心酔する新米検事・沖野(二宮)がある殺人事件の捜査をめぐってすれ違い、やがて二人の正義がぶつかり合うさまが描かれる。

[PR]

 原田監督は「木村さんと二宮さんの共演は日本のエンターテイメントの歴史において一大事業でしたから神経を使いました」と吐露。とりわけ、他の味のある役者たちとぶつかることで新たに出てくる二人の「演技派としての芯の部分」を見たかったそうで「演技のバトルロイヤルみたいな形で、気持ちよく最後の二人の対決に落とし込むことができた」と満足そうに語った。

 実際、役者としての新しい一面を高く評価されている二人だが、木村は謙遜気味な言葉を口にした。「自分は特にこうした、ああしたというのはないです。すべて原田監督が導いてくれた結果が映し出されているだけなので監督に感謝です」

 二宮は、反響に喜びながら撮影時のエピソードを語り、前半と後半で沖野の印象が変わることについて「生気が戻ってくるような感じ」を出すために、「どんどん体調がよくなるとか、顔色がよくなるとかを考えたけど、僕は通年顔色がよくないんで」と笑いを誘いつつ、気持ちを強くすることで変化をつけたと明かした。

 松倉(酒向芳)を取り調べる際の鬼気迫るシーンにも言及。原田監督は「不安だったけど、彼ならこれくらいできると思った」と信頼を寄せると、「こっちが思っていた2~3倍のテンションでキレてくれて、すごいなと思った」と回顧。しかも、アドリブで「その辺で首吊ってくれる?」などという過激なせりふもあったとか。二宮は「全然覚えてないんですよ。怖い……。どこかで思っているんですよ」と知られざる自分の姿に驚いていた。

[PR]

 そんな二人の再共演で次に撮りたい作品を尋ねられた原田監督は、戦争映画のほかに、自身が手がけた『KAMIKAZE TAXI』(1995)のリメイクを挙げ「悪役を木村さんにやってもらって、ニノを追い回す役とか、ギトギトの悪党の木村さんを見たい気がする」とコメント。すると木村は「ギットギトに行きたいと思います」と笑顔。二宮も「この二人と一緒にやれるなんてなかなかないです。最初で最後のつもりでやっていたので、そういうふうに言っていただけるだけで感謝です」と喜んでいた。(取材・錦怜那)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]