遠藤憲一主演×宮藤官九郎脚本のワンシチュエーションコメディー、11月放送

出演作が相次ぐ名バイプレイヤーの遠藤憲一
出演作が相次ぐ名バイプレイヤーの遠藤憲一

 名バイプレイヤーの遠藤憲一が主演、俳優、ミュージシャン、脚本家などマルチに活躍する宮藤官九郎が脚本を務めるWOWOWドラマ「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」が、11月12日より放送されることが決定した。

【動画】「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」特報

 本作は、刑事・諸井情(遠藤)が連続殺人犯を追うサスペンスドラマの撮影現場を舞台にしたワンシチュエーションコメディー。ドラマの撮影が終わった思いきや、トラブルが発生し、撮り直しに。しかし、遠藤の共演者は既に現場におらず、たまたま現場の近くにいた名優たちをオファーしていく……という内容で、毎回異なるゲスト俳優が登場する。

[PR]

 主演の遠藤はこの異色作に、「脚本を読んだ時は大笑いしました。撮影時には笑いをこらえるのに必死でした。ゲストの方たちは尊敬する俳優さんばかりで、実際撮影したらやっぱりすごく魅力的。皆さんものすごく真剣に演じていて、演技に対してピュアで、毎回本当に楽しかったです」と嬉々としたコメントを寄せている。

 遠藤と宮藤はこれまでテレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(2000・TBS系)、映画『土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲』(2016)などで俳優と脚本家としてタッグを組んできた。

 監督を務めるのは「ダウンタウンのごっつええ感じ」や「ワンナイR&R」など数々のテレビ番組を演出し、「笑う犬」シリーズや「リチャードホール」などのお笑い番組を宮藤とともに手がけた伊藤征章。(編集部・石井百合子)

 コメントは以下の通り。

<主演・遠藤憲一>
●この作品のオファーを受けた時の印象をお聞かせください。

どんなことになるのか想像もつかなかったのですが、宮藤くんに任せていれば絶対大丈夫だなと思ったので即決しました。

●最初に脚本を読んだ時の感想、そして撮影現場のエピソードを教えてください。

脚本を読んだ時は大笑いしました。撮影時には笑いをこらえるのに必死でした。ゲストの方たちは尊敬する俳優さんばかりで、実際撮影したらやっぱりすごく魅力的。皆さんものすごく真剣に演じていて、演技に対してピュアで、毎回本当に楽しかったです。

[PR]

●視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

脚本・宮藤官九郎。ぶっ飛び加減が絶好調です。ゲストの皆さん・名優勢ぞろい。こちらもぶっ飛び具合が最高潮です。 ただただ振り回されている俺。心の底から、勉強させていただきました。1話たりとも見逃さないで下さい!

<脚本・宮藤官九郎>
同じセリフ、同じ演出、同じカット割りでも、演じる俳優が変わることで、全然違うものになるのだろうか。それがこの企画の発端でした。そこで重要になるのは受け役。味があって、懐が深くて、チャーミングで謙虚。遠藤憲一さんのお名前が挙がったと同時に『勉強させていただきます』というタイトルも決まりました。監督の伊藤さんとは『笑う犬』や『リチャードホール』のコント作家として猛勉強させて頂いて、もう今さら勉強することはないかなと思ってましたが、プレーンな TAKE1、アテ書きの TAKE2、設定と展開は変えず、2 通りの台本を書く作業が、こんなに勉強になるとは。そしてゲストの顔ぶれ。ただただ豪華。豪華で謙虚。そして真面目。勉強させて頂きました!

「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」は11月12日よりWOWOWプライムにて放送スタート、毎週月曜深夜0時~(全7話)【第1話無料放送】

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]