「懐かしさ」が新たなブーム?『SUNNY』『あの頃、君を追いかけた』など青春に共感

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
広瀬すず、池田エライザらのコギャル姿! - (C) 2018「SUNNY」製作委員会

 1990年代のカルチャーをふんだんに盛り込んだ『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)など、「懐かしさ」を感じさせる作品が今後も続々と公開を控えている。

懐かしさがたまらない『SUNNY』劇中使用全11曲のメドレーPV【動画】

 篠原涼子が主演を務めた『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、かつて青春を謳歌(おうか)した女子高生の仲良しグループ「サニー」が、友情と人生の輝きを取り戻そうと奮闘する姿を描く物語。当時の女子高校生のファッションがリアルに再現されているほか、小沢健二安室奈美恵など90年代の音楽が物語に華を添えている。また、当時の音楽シーンを席巻していた小室哲哉が音楽を担当するなど、懐かしさがひしひしと感じられる要素が詰まっている。

[PR]

(C) 2018「SUNNY」製作委員会

 高校時代から20年以上を経て大人になり、現在はさまざまな問題を抱えている「サニー」メンバー。同様に年齢を重ねた観客の心に刺さる物語となっている。『モテキ』『バクマン。』などの大根仁が監督を務め、篠原、板谷由夏小池栄子ともさかりえ渡辺直美が現在のメンバー、そして広瀬すず池田エライザ山本舞香野田美桜田辺桃子富田望生が高校時代を演じた。なお本作は、日本でもヒットした2011年の韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』のリメイクにあたる。

(C) 2018「SUNNY」製作委員会

 今年は『SUNNY』とは異なる角度で90年代リバイバルを実現した作品もあった。2月に『リバーズ・エッジ』、4月に『ママレード・ボーイ』という90年代に人気を集めていたコミックの実写化映画が公開。ドラマに映画に出演作が相次ぐ吉沢亮が両作にメインキャストとして出演しており、若い観客層へアピールした。とりわけ二階堂ふみがヒロインを演じた『リバーズ・エッジ』は、90年代半ばのヒリヒリした空気感が漂う仕上がりに。『ママレード・ボーイ』は時代設定を現代に移して、胸キュンなラブストーリーになっている。

[PR]
(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

 今後の公開作を見てみると、2000年代もノスタルジーの対象になりつつある様子。例えば、山田裕貴齋藤飛鳥松本穂香らが出演する『あの頃、君を追いかけた』(10月5日公開)は、2000年代を舞台に高校生の淡い恋を描き出し、当時の情景が“あの頃”として甘酸っぱく捉えられている。そして、フレッシュな出演者たちの演技にも期待がかかるところ。本作は、2011年に台湾で社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した青春映画のリメイクで、オリジナルへのオマージュも含まれている。

(C) 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

 また、山内マリコの小説を原作とする『ここは退屈迎えに来て』(10月19日公開)では、何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って地元の地方都市に戻ってきた27歳の“私”を橋本愛が演じている。共演には門脇麦成田凌らが名を連ね、高校時代(2004年)と現在(2013年)という2つの時間のなかで、複雑な思いを抱えながら交差する登場人物たちの人間模様が描かれる。誰もが味わう青春と、青春のその後の物語が展開していく。

[PR]

 そして、真野恵里菜清水くるみ横浜流星らが共演した『青の帰り道』(12月7日公開)は、高校卒業を目前に控えた7人の若者たちが、過去の思いを胸に抱きながら新しい未来へ向かって進んでいく姿を描いた青春群像劇。卒業間近の2008年から3年の月日を経て、彼らはそれぞれ別の道を新たに歩み始めることになる。5月~6月にかけてドイツで開催された第18回「ニッポン・コネクション」にも出品された同作は、『オー!ファーザー』『デイアンドナイト』などを手掛ける若手クリエイターの藤井道人監督がメガホンを取った。

 いずれの作品も、複数の時間軸を往還しながら過去の情景がノスタルジックに描き出され、感情移入を誘うもの。今後はより若い観客層に合わせて2000年代以降の空気感を切り取った作品が、スクリーンに登場していくことになるかもしれない。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]