『検察側の罪人』が2週連続1位!『アントマン』続編は3位スタート

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『検察側の罪人』がV2達成! - (C) 2018 TOHO / JStorm

 土日2日間(9月1日~9月2日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、木村拓哉二宮和也が共演した映画『検察側の罪人』が2週連続の1位になったことが明らかになった。

【写真】木村拓哉&二宮和也の笑顔!

 人気漫画を実写化した『銀魂』の続編となる『銀魂2 掟は破るためにこそある』が2週連続2位に、身体を縮小することができる特殊スーツを着て戦う正義の味方・アントマンの活躍を描く『アントマン&ワスプ』が初登場3位となった。『アントマン』は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品の1つとしても知られている。

[PR]

 公開から6週目を迎えた『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』は4位と健闘。また、ロングランヒットしている映画『カメラを止めるな!』が6位になっているほか、『モテキ』『バクマン。』などで知られる大根仁監督の最新作で篠原涼子広瀬すずなど豪華キャストが集結した『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が初登場7位となった。

 10位には、2017年に実写版が大ヒットを記録したことが記憶に新しい住野よるの人気小説をアニメ映画化した『君の膵臓をたべたい』がランクイン。人気若手俳優の高杉真宙が主人公「僕」の声を務めている。

 今週は『MEG ザ・モンスター』『累 -かさね-』『泣き虫しょったんの奇跡』『500ページの夢の束』『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』『ブレス しあわせの呼吸』『ヒトラーと戦った22日間』などが公開される。(編集部・梅山富美子)

【2018年9月1日~9月2日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『検察側の罪人』:2週目
2(2)『銀魂2 掟は破るためにこそある』:3週目
3(初)『アントマン&ワスプ』:1週目
4(3)『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』:6週目
5(4)『インクレディブル・ファミリー』:5週目
6(6)『カメラを止めるな!』:11週目
7(初)『SUNNY 強い気持ち・強い愛』:1週目
8(5)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』:5週目
9(7)『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』:2週目
10(初)『君の膵臓をたべたい』:1週目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]