『クレイジー・リッチ!』勢い止まらず!3週連続で首位キープ

全米ボックスオフィス考

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
脅威のV3達成! - 映画『クレイジー・リッチ!』より - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 先週末(8月31日~9月2日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、主要キャストをアジア系俳優が占めるロマンチックコメディー映画『クレイジー・リッチ!』が興行収入2,196万4,345ドル(約24億円)で3週連続首位をキープした。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

【画像】日本公開は9月28日!映画『クレイジー・リッチ!』場面写真

 ニューヨークで働くヒロイン(コンスタンス・ウー)が、恋人(ヘンリー・ゴールディング)の故郷シンガポールを訪れ、彼がアジア屈指の不動産王の御曹司だと知ったことから始まるドタバタ劇を描く本作は、先週比はわずか11.5%ダウンとその勢いは止まらず。全米累計興収は、3週目で1億1,069万1,733ドル(約121億円)を記録。 The Hollywood Reporter は、2009年公開の映画『あなたは私の婿になる』(サンドラ・ブロックライアン・レイノルズの共演作)が全米累計興収1億6,395万8,031ドル(約180憶円)を記録して以来、9年ぶりに大ヒットしたロマンチックコメディーになるとも報じており、どこまで記録を伸ばせるか注目だ。

[PR]

 その他、本編が全てPC画面の中で展開する異色のスリラー映画『search/サーチ』が、上映規模を拡大したことで興収606万6,463ドル(約6億6,700万円)を記録し、トップ10圏外から4位に急上昇。『スター・ウォーズ』新3部作のポー・ダメロン役で知られるオスカー・アイザック主演の歴史ドラマ『オペレーション・フィナーレ(原題) / Operation Finale』が初登場で5位にランクインした。月曜日の祝日レイバー・デー(労働者の日)の成績を含めると、同作は『search/サーチ』を抜いて4位となっている。

 今週末は、人気ホラー映画『死霊館』シリーズの最新作『死霊館のシスター』、ジェニファー・ガーナー主演のスリラー『ペパーミント(原題) / Peppermint』などが公開される。(編集部・倉本拓弥)

8月31日~9月2日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(1)『クレイジー・リッチ!』
2(2)『MEG ザ・モンスター
3(4)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト
4(22)『search/サーチ』
5(初)『オペレーション・フィナーレ(原題) / Operation Finale』
6(6)『プーと大人になった僕
7(7)『アルファ(原題) / Alpha』
8(3)『ザ・ハッピータイム・マーダーズ(原題) / The Happytime Murders』
9(8)『ブラッククランズマン(原題) / Blackkklansman』
10(5)『マイル 22(原題) / Mile 22』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]