樹木希林『日日是好日』試写会欠席 黒木華がメッセージ代読

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
欠席した樹木希林のメッセージを代読する黒木華

 映画『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』のプレミアム試写会が4日、明治記念館「蓬莱(ほうらい)の間」で行われ、主演の黒木華がこの日欠席した樹木希林からのメッセージを代読した。

【写真】黒木華、鶴田真由ら和服で美の競演

 台風21号による非常に強い風の中、上映前の舞台あいさつには、出演者の黒木華、鶴田真由鶴見辰吾、原作者の森下典子大森立嗣監督が登壇。本作で黒木は茶道を通して成長する主人公・典子を、鶴田は典子が憧れる女性・雪野を、鶴見は典子の父を演じている。

[PR]

 ヒロイン・典子の師匠となる武田先生役の樹木希林はこの日欠席。黒木が樹木のメッセージを代読した。「この度高円宮久子妃殿下並びに同絢子女王殿下のご臨席を賜りましてひたすら有難く頭(コウベ)を低(タ)れるばかりです。台風接近もともない申し訳なく涙涙でございます。心ふるえるような時をいただいてをります。平成30年9月1日・樹木希林」(原文ママ)。

高円宮久子妃殿下ご臨席のフォトセッションの模様

 黒木は、樹木について「本当にカッコいい人」と畏敬の言葉で表現。鶴田は「現場にご自分のかわいらしい車で到着されて、ステキな着物でドアから出てきた希林さんの姿は、まるで映画のワンシーンのようだった」とその佇まいを見て、人間力を磨かなければと思ったことを語った。

 また、日本体育大学学長の具志堅幸司も登壇し、“お茶”をいただくと試合に勝ることが多いというエピソードを披露。「2年後の2020に向けて毎日“お茶”をいただき、そしておもてなしの精神で大会を成功させたい」とし、大森監督は「具志堅さんの横に立ったら急にドキドキしてきました。スポーツで感動するように、映画を作っているつもりです。映画での感動も負けないようにしたい」と意気込みを語った。

[PR]

 上映前に行われたフォトセッションには高円宮久子妃殿下がご臨席され、舞台の上は華やいだ雰囲気に包まれた。

 本作は、人気エッセイストの森下典子が茶道教室に通った20年の日々を綴った同名ロングセラー本を映画化。真面目で、理屈っぽくて、おっちょこちょいな二十歳の女性が、お茶の教室に通い続けながら、青春の機微、就職の挫折、大切な人との別れなど全身で感じ味わうことで、かけがえのない“今”を知り、「日日是好日」という言葉をかみしめていく美しき時の流れとともに成長していくさまを描く。(取材・文・写真:芳井塔子)

映画『日日是好日』は10月13日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]