松たか子&小松菜奈が激変!岡田准一主演ホラー『来る』ポスタービジュアル公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
5人が見上げているのは……?『来る』ポスタービジュアル - (C)2018「来る」製作委員会

 V6岡田准一主演、『告白』の中島哲也監督によるホラー『来る』(12月7日公開)のポスタービジュアル及び、最新ストーリーが公開。ポスターは、岡田をはじめ、黒木華妻夫木聡らメインキャストが“何か”を見上げるような意味深な構図で、とりわけ松たか子小松菜奈の激変ぶりが目を引くビジュアルとなっている。

【動画】激怖!岡田准一主演ホラー『来る』特報

 原作は、澤村伊智の第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』『渇き。』など新作を発表するたびに、独特の世界観、映像で話題を集めてきた鬼才・中島と、岡田との初タッグでも注目を浴びる本作。映画では『関ヶ原』『散り椿』(9月28日公開)と時代劇が続いた岡田が、本作では髭面&ド派手な柄シャツの出で立ちで、怪現象を調査するオカルトライター・野崎にふんする。

[PR]

 新たに公開された映画のストーリーでは、怪現象に悩まされる田原(妻夫木)の相談を受け調査を始めた野崎の、その後の動向が明らかに。

 田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超えたもので、民俗学者・津田は、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ「※※※※」ではないかと推測。打開策を探すうちに田原は、「お山」と呼ばれる深い森、片足だけ遺された赤い子供靴、名を思い出せない少女、誰かがささやく声……といった幼いころの記憶を回想。名前を呼んではならない“あれ”にたどり着く。

 ポスタービジュアルの中でも強烈なインパクトを放っているのが、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴役の小松と、真琴の姉で日本一の霊媒師・琴子にふんした松。小松はピンクのショートヘアに濃いアイメイク、腕にタトゥーが入っており、松は日本人形のような長い黒髪で、左目付近に大きな傷が。小松は『渇き。』で、松は『告白』で中島作品のヒロインを見事に演じ切ったが、本作ではさらなる化けっぷりが期待できそうだ。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]