佐野勇斗、絵しりとりに挑戦で“画伯”ぶり発揮!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実はかなりの画伯? 佐野勇斗

 俳優の佐野勇斗が15日、都内で行われた映画『3D彼女 リアルガール』公開記念舞台あいさつに登壇し、“画伯”ぶりを見せつけた。この日は、中条あやみ清水尋也恒松祐里上白石萌歌ゆうたろう濱田マリ竹内力英勉監督も来場した。

『3D彼女 リアルガール』舞台あいさつフォトギャラリー

 この日のイベントは、撮影現場で流行っていたという「絵しりとり」で一同が大盛り上がり。前の絵を見てから自分の絵を描くまで、10秒ルールが設けられ、英勉監督の描いた劇中アニメの2次元キャラクター“えぞみち”からスタートしたが、ゆうたろうは時間を気にせず何度も描き直し、中条は次の番の清水に自分の絵を見せながらも絵を描き続けるなど、全員が自由な行動に。MCから「みなさん、10秒ってご存知ですか?」とツッコまれるほどだった。

[PR]

 答え合わせでは、2番手のゆうたろうが「ち」で始まる物ではなく「三日月」を描いてしまい早々に失敗していたことが判明。そこで佐野は、恒松の「キス」の絵を「チュウ」と勘違いして、「牛」の絵を披露。人面牛のような顔立ちと「顔は正面、身体は横向き」という絵が苦手な人にありがちな構図の選択で、画伯ぶりを発揮していた。

佐野が書いた“牛”の絵

 またイベントでは、撮影中に笑いをこらえるのが大変だったシーンを紹介する一幕もあり、佐野は「台本に書かれていないことを僕と尋也くんがメインで(やっていました)」と明かし、「ね?」と清水に同意を求めるも、「いや、僕はいい子なので言われたことをやるタイプ。佐野さんみたいなことはあまりできなかった」とまさかの裏切りにあって、苦笑い。しかし、実際は清水もアドリブを入れていたといい、「音、拾われているかもわからないけどやっていました」と白状していた。

 那波マオのコミックを実写映画化した本作は、美少女・五十嵐色葉(中条)と2次元オタク男子・“つっつん”こと筒井光(佐野)が織り成す恋愛模様が描かれる。(取材:錦怜那)

映画『3D彼女 リアルガール』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]