シネマトゥデイ

小島秀夫「デス・ストランディング」TGSで新映像公開 声優陣も集結

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「デス・ストランディング」(DEATH STRANDING)ノーマン・リーダス演じる主人公のキャラクターアート - (C)Sony Interactive Entertainment Inc.

 23日、幕張メッセで開催された東京ゲームショー2018内で、小島秀夫監督のPlayStation(R)4向けの新作ゲーム「DEATH STRANDING」(デス・ストランディング)のコジプロ・ステージイベントが行われ、小島監督のほか、津田健次郎大塚明夫井上喜久子水樹奈々三上哲ら日本語版声優陣が登壇。新映像も公開され、観客を興奮の渦に包んだ。

TGS2018で公開された新映像(日本語版)

 「デス・ストランディング」は、人気ドラマ「ウォーキング・デッド」のノーマン・リーダスをはじめ、レア・セドゥリンゼイ・ワグナーマッツ・ミケルセン、映画監督のギレルモ・デル・トロらが出演する新作ゲーム。これまで小島監督の手による圧巻のトレイラーが複数本公開されているが、全体像はいまだ謎のベールに包まれている。

[PR]

 日本語版の本編収録は年末を予定しているというが、ノーマンの声を担当する津田は、トレイラーの収録時点で圧倒された様子で「作品の重厚感がすごい。予告編でもすごく丁寧に、時間かけて収録させていただきました」と興奮気味。一方の小島監督は以前から津田に目をつけていたといい、Twitterのフォローを経てDMで出演をオファー。津田について「決定打はドラマ版『リーサル・ウェポン』(の演技)でしたね。あと、スティーブ・マックイーンの吹き替えで知られる宮部(昭夫)さんの声に聞こえるときがあるんです」と語る。

 そんな津田の演技に「間違いなかった! ノーマンでありつつ津田さんでもある。そこが重要」と満足そうな小島監督。大塚も「津田健次郎というのはすごい役者なんです。アニメでも吹き替えでも、無難に終わらずに、NGギリギリの芝居で攻めていく。さすが生き残るだけあるなと」と津田を賞賛していた。

 またこの日は、大塚と三上の演じるキャラクターの情報も公開。大塚は、主人公が所属するチームの隊長(演:トミー・アール・ジェンキンス)を、三上は謎の“黄金仮面の男”(演:トロイ・ベイカー)を演じる。どちらのキャラも不気味な仮面を着けており、ゲーム内でも重要な役割を果たすとのこと。会場では、“黄金仮面の男”がボスキャラのような巨大モンスターを呼び出す新映像が、英語版と日本語版の両方で公開された。

[PR]

 井上はリンゼイの、水樹はレアの声を、デル・トロの声は石住昭彦が担当。また マッツ・ミケルセンの声優も決定しているといい、小島監督は「この2年探して、ようやく発見しました。まだ言えないけど。すごい重要な役です」と期待をあおった。

 こうしたキャスティングの基準について小島監督は、実力はもちろんだが、相手の人格につきると断言。「それにつきます。最終的には、そこから出てくるものですから。僕らはそれを引き出す役。元が薄っぺらい人は無理ですよね。それと信頼関係が重要なので、そこを築くのに時間をかけます」と明かしていた。

 そんな小島監督との仕事について大塚は「僕らがだいたいこうかな、と思うところで、あと一歩来てください、行ってくださいと言われるので、それが楽しいんですよね」と絶対の信頼を明かす。小島監督も「一緒に作っている感じです。僕の最初のイメージを強制して作っても面白くない。皆さんと一緒に作るというか、遊んでいる感じです」と笑みを浮かべた。

 小島監督にとって、ゲームショーへの出演は2年ぶり。「ゼロから再スタートをしまして、企画をしながら事務所を探し、(ゲーム)エンジンを探し、スタッフを探し、引越しをして、ようやく今にいたるという感じです」と振り返ると、現在の制作状況について「僕が実際に朝から晩までコントローラーを握って、ゲームの操作感とか演出などを確認する、非常に重要なフェーズまで来ている」と報告。俳優協会のストライキの影響で、ノーマンらの収録ができない期間があり遅れが出ているが、それ以外は順調に進行しているとのことだ。

[PR]

 この日の会場は、ブースからあふれんばかりのファンでいっぱい。最後に「デス・ストランディングは前から言っているとおり、“縄”のゲームなんです。“棒”の世の中で、お互いに殴りあったり中傷しあったり、そういう世の中ですけど、 “縄”のつながりを持ちたいという発想で作っている」と切り出した小島監督は「作りながら、あらゆるものが絆でつながっているというか。皆さんともつながっている感があります。まだ完成していませんけど、皆さんとつながったままゲーム開発を続けて、いい物を作っていきたい。なので、もうしばらくお待ち下さい」とあいさつし、会場は大歓声に包まれた。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]