相葉雅紀、広末涼子おんぶの撮影で「近所の奥さんと鉢合わせして…」

相葉雅紀、ドラマ撮影中のハプニングを披露

 相葉雅紀主演のテレビ朝日系ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(10月12日スタート、毎週金曜午後11時15分~)番組発表イベントが7日、ドラマの舞台でもある神楽坂・赤城神社で行われ、相葉とヒロインの広末涼子のほか、共演者の趣里小瀧望ジャニーズWEST)、イッセー尾形が登壇。相葉が、ドラマ撮影中のハプニングを明かした。

【写真】相葉雅紀、神輿かつぐ!

 たらさわみちの同名漫画を原作に、東京・神楽坂で開業する若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描く本ドラマ。相葉は「貴族探偵」(2017・フジテレビ系)以来の連ドラ主演、2011年放送の「バーテンダー」以来7年半ぶりのテレビ朝日系連ドラ主演。動物を救うことに全力を傾ける獣医にふんする。

[PR]

 相葉は作品について問われると「自分で言うのも何ですけど究極の癒やし系ドラマ」と紹介。「動物と真剣に向かい合ったり、仲間たちと向かい合うヒューマンドラマがあったり、週末の皆さんに癒やしをお届けできたら。ペットを飼っている人も、飼っていない人も楽しめるドラマだと思います」と“癒やし”をアピールした。

ヒロイン役の広末涼子

 撮影の話になると、「坂道で広末さんをおんぶして下るシーンがあって、無事にできたんですけど、途中で近くに住む奥さんとたまたま鉢合わせてしまって……」と切り出し、ハプニングの話題に。「その奥さんが僕と広末さんを見て、すごい顔で、『あ、見てはいけないものを見てしまった』という感じで急いで引っ込んでいたんです。これはドラマの撮影ですよって」と苦笑い。広末も「そこだけ見たらびっくりしたでしょうね」と思いを巡らせ、相葉におんぶされるシチュエーションに「アイドルを筋肉痛にさせてはいけないと気を遣いました」と話し、会場を沸かせた。広末は本作で達也と共に働く動物看護師を演じている。

[PR]

 会場となった赤城神社ではこの日、屋台などお祭りの雰囲気が演出され、途中キャストが射的ゲームに挑戦したり、特製みこしが出て相葉らが実際にみこしをかつぐ一幕も。相葉は「お祭り大好き。千葉にいたころはいろいろな祭りに参加したんです。懐かしい気持ちになります」とうれしそうで、射的では小瀧のかまえを見て「ジビエとかやっていたんじゃない?」と冷やかしていた。 (取材・文:名鹿祥史)

「僕とシッポと神楽坂」は10月12日、テレビ朝日系24局にてスタート(毎週金曜午後11時15分~※一部地域で放送時間が異なります)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]