フレディ・マーキュリー俳優の役づくり!『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
圧巻のステージパフォーマンスにも注目! フレディ・マーキュリーにふんしたラミ・マレック - (C) 2018 Twentieth Century Fox

 世界的ロックバンド・クイーンのリードボーカル、フレディ・マーキュリーの軌跡を描く伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』(11月9日全国公開)から、フレディを演じたラミ・マレックが役づくりの裏側を明かすメイキング映像が公開された。

【動画】『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング

 「ボヘミアン・ラプソディ」「伝説のチャンピオン」といった名曲を生み出し、圧倒的なステージパフォーマンスでも人々を魅了したフレディ。1991年に45歳という早すぎる死を迎えた稀代のエンターテイナー役に挑んだのが、海外ドラマ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」の演技で注目を浴びたラミ・マレックだ。

[PR]

 劇中では主にフレディ自身の歌声が使われているが、ラミ自身はフレディと瓜二つというわけではない。しかし、映し出されているステージパフォーマンスはフレディそのもの。この難役への挑戦についてラミは「あのフレディ・マーキュリーをただ真似て、似せるだけ、ということはしたくなかった。彼が何を思い、どうしてその行動をしたのか、理解するんだ」と明かす。

 そんな彼が振付師以上に信頼したのが“ムーブメントコーチ”の存在。彼らはフレディの癖を研究して、目の動きや振り返り方、マイクのひねり方など、細部のアクションを再現することにこだわったといい、生きたフレディをスクリーンに蘇らせた。衣装合わせにもおよそ50時間をかけ、厚底ヒールからタイトな衣装まで、フレディの豪華絢爛なコスチュームも再現された。

 映像ではメイキングのほか、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のステージと、バンドが伝説のパフォーマンスを披露した、20世紀最大のチャリティー音楽イベント“ライヴエイド”のシーンも収められており、ラミがいかにフレディになりきっているのか、確認することができる。

 クイーンのブライアン・メイロジャー・テイラーも音楽総指揮として参加。メガホンを取ったのは、『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー監督。諸事情により一部を『サンシャイン/歌声が響く街』などのデクスター・フレッチャー監督が手掛けている。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]