阿部サダヲ、期待度“2位”の主演作に自信!なかなかこういう映画はない

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
そろってポーズを取る阿部サダヲと吉岡里帆

 俳優の阿部サダヲが13日、都内で行われた映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公開記念舞台あいさつに登壇。コメディー映画ながらアドリブもほとんど入れず、真面目に作り上げた同作を自信を持ってアピールした。この日は、吉岡里帆千葉雄大田中哲司ふせえり三木聡監督も来場した。

【写真】ワンピース姿が素敵な吉岡里帆

 同作は声帯ドーピングによって脅威の歌声を持つカリスマロックスター・シン(阿部)と、声が小さいストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)の出会いが巻き起こす騒動を描いたハイテンション・ロック・コメディー。

[PR]

 阿部は「今週公開の映画で期待度が2位みたいで、1位ではないです。それがこの映画っぽい」と笑いながら、「原作(の映画化)が多い中、完全オリジナルの脚本でやりました。なかなかロック・コメディーという映画もないし、今後もこういう映画が出てくることはないと思うので、(目に)焼き付けてください」とアピール。

 また「(内容は)ふざけているけど、こんなに真面目にやったことはないです。ちゃんとリハ撮りもやって、ほとんどアドリブもなくやっているんですよ」と説明すると、「最初はナニコレ? と思うかもしれないけど、(最後は)こういう展開になるのか! と思うと思います」と見どころも語った。

 吉岡は「映画を撮り出したのはちょうど1年前で、ギターと歌は(その)半年前から練習をしていたので、こんなに長く時間をかけて撮った映画はないので思い入れがとても強いです」と作品にかけた思いを明かした。

全国公開中!

 作品にちなみ「自分が変わるきっかけになった言葉」を聞かれた阿部は、「中学の時に小学校の同級生のお母さんから『阿部くんはさぁ、30(歳)くらいになったら売れるよ』と言われたんです。役者やるともなんにも言ってないのに」と明かして笑いを誘いつつ、「それがどこかで引っかかって、押されていたかもしれないですね」と考えをめぐらせた。

 田中は6月に女優で妻の仲間由紀恵との間に双子の男児をもうけており、「今、赤ちゃんがいるんですけど、おむつを替えて、うんちをしているのを見たときに背中を押されるというか、生きてるんだな! 俺を頼ってるんだなって」と嬉しそうに話した。

 この日は、吉岡が手書きでメッセージを、阿部がビックリマークを書いたくす玉も登場し、同作の公開を祝福した。(取材・文:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]