磯村勇斗、志田未来の笑顔が癒し!共演振り返る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
磯村勇斗、主演ドラマの撮影振り返る

 第5回「ドラマ甲子園」の大賞受賞作品をドラマ化した「キミの墓石を建てに行こう。」の完成披露試写会が都内で16日に行われ、主演の磯村勇斗が登壇。本作で共演した志田未来について、「志田さんのニコッと笑う笑顔に癒されながら撮影していました」とにこやかに振り返った。

【写真】磯村勇斗&白石聖の笑顔!

 本作は、自分に生きる活力をくれた朝田梨花(志田)を病気で亡くしてしまった青年・片瀬奏(磯村)が、生前、彼女が自分に託していた、自分のお墓を建ててほしいという願いをかなえようと、梨花を慕っている後輩の石川奈々(白石聖)と共に奔走する姿を描く。会見には、同賞の受賞者で本作の脚本・監督を担当した宮嵜瑛太、共演の白石も出席。志田もVTR出演で会場にメッセージを寄せた。

[PR]

 磯村は今回の役どころについて「どちらかというと受け身な男性の役。志田さんに助けてもらいました」としみじみ。志田ふんする梨花のような引っ張っていってくれるような女性は好きかと問われると、「強気な女性は苦手ではないので、引っ張っていってくれる女性は魅力的だと思います」と答え、「一緒にいたらきっとすてきな時間になるだろうなって思います」と笑顔を見せた。

左から磯村勇斗、宮嵜瑛太、白石聖

 高校生を対象にした「ドラマ甲子園」で大賞を受賞し、監督も務めた宮嵜監督はまだ10代の予備校生。「現場では監督として扱われて、いろんな決定権をいただけた。多くの人の協力をもとに作っていく体験ができて嬉しく思います。ドラマもやったことがないし、監督も初めて。専門用語から始まり、各キャラクターのバックボーンを聞かれて、どういう子なんだろうって改めて自分の中で考え直さなきゃいけなかったり、大変でした」と撮影現場の様子を述懐した。志田については「すごく役を作り込んで現場に入ってきてくれて嬉しかったです。お会いしたときに梨花だなって思いました」と大絶賛していた。

 志田もそんな若い監督との仕事を楽しんだようす。VTRメッセージの中で監督との撮影を回顧し、「10代の方ということで不安もあったんですけど、しっかりした方で、『頼りになるな、ついていこう』と思いました」とコメント。「初日と最後では監督の印象が全く変わりました。初日は『カット』の声も、もやもやとした感じもあったんですけど、最終日はその『カット』の声がすごくしっかりしていた。かっこよかったです」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

ドラマ「キミの墓石を建てに行こう。」はCSフジテレビ「TWO ドラマ・アニメ」にて10月28日19時30分より放送。
メイキング番組「キミの軌跡を撮りに行こう。~男子予備校生 決断を下した19歳の夏~」はCSフジテレビ「TWO ドラマ・アニメ」にて随時放送中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]