倉科カナ、5年ぶりの主演映画に自信 自分の中にあるしこりを糧に演じた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
倉科カナ

 女優の倉科カナが22日、TOHOシネマズ新宿で行なわれた映画『あいあい傘』公開直前舞台あいさつに、市原隼人立川談春原田知世宅間孝行監督と共に出席。公開を間近に控えた倉科は「早く幕が開いてほしい。自信がある」と強い視線で作品への強い思いを語った。

【写真】 倉科カナ、市原隼人と“あいあい傘” 映画PRイベントで

 本作は、劇団・東京セレソンデラックスが2007年に上映した同名舞台を映画化。25年前に突然姿を消した父親を捜すためにやってきた田舎町で、さまざまな人々と触れ合いながら、思いを昇華していく女性の苦悩や葛藤を描いた物語。

[PR]

 倉科は主人公の高島さつきを演じているが、自身と境遇が重なる部分があることを明かすと「わたしの中にあるしこりみたいなものを糧にして演じることができた役。この役を演じたことにより、個人的に救われた部分がある」と強く役柄に感情移入したという。

左から原田知世、立川談春、倉科カナ、市原隼人、宅間孝行監督

 倉科が主演としてプロモーションも精力的に行ない、孤軍奮闘する姿にスタッフたちも感激していたことを宅間監督が明かすと、サプライズでプロデューサーからねぎらいの手紙が倉科へ。心温まる手紙に、感激した表情を浮かべていた倉科は「嬉しいです。でも思っていたことをうまく伝えられないんですよね」とここでもストイックに取り組む姿勢を見せていた。

 そんな倉科演じるさつきの実の父親・東雲六郎(しののめ・ろくろう)を演じた談春は、現在放送中の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系)でも阿部寛演じる佃社長を支える経理部長・殿村直弘を好演し話題になっている。本作でも、非常に味のある演技を見せているが「内縁の妻が原田知世さんで、実の娘が倉科カナですよ。芝居なんてできるわけないでしょ!」と美女に囲まれて演技どころではないことを明かし、会場を沸かせていた。(磯部正和)

映画『あいあい傘』は10月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]