ベン・アフレック、アルコール依存症治療を終えて仕事復帰!依存症者役で

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
にこやかなベン・アフレック(今月16日撮影) - BG004 / Bauer-Griffin / Getty Images

 リハビリ施設での40日に及ぶアルコール依存症治療を終えた俳優のベン・アフレックが、仕事復帰を果たした。Entertainment Tonight などが報じた。

【画像】ベン・アフレック演じるバットマン

 ベンが現在、ロサンゼルスで撮影しているのは主演映画『トーランス(原題) / Torrance』。アルコール依存症によって妻と離婚することになったバスケットボールの元スター選手が、高校の弱小バスケチームのコーチとなって再起を図るというストーリーだ。ベンは今月リハビリ施設を出ただけでなく、妻で女優のジェニファー・ガーナーとの離婚も成立したばかりで、かなり私生活とリンクした内容になっているといえる。

[PR]

 メガホンを取っているのは『ザ・コンサルタント』でもタッグを組んだギャヴィン・オコナー監督で、ベンは主演だけでなくプロデューサーも務めている。

 ベンは長年アルコール依存の問題を抱えており、2001年と2017年にもリハビリ施設に入っていた。今回リハビリ施設を出た際には、家族や友人、ファンの支援に感謝した上で、治療は「生涯に渡る困難な戦い」になるとInstagramにつづっていた。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]