『ハロウィン』新作がV2!早くも製作費の10倍以上を稼ぎ出す

全米ボックスオフィス考

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ブギーマンことマイケル・マイヤーズがローリーを殺しに現れる! - 映画『ハロウィン(原題)』ポスタービジュアル - Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 先週末(10月26日~10月28日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、人気ホラー映画シリーズの新作『ハロウィン(原題) / Halloween』が興行収入3,141万9,070ドル(約35億円)で2週連続となる首位に輝いた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

レディー・ガガの美声がすごい!2位の『アリー/スター誕生』本編映像

 ハロウィン前最後の週末とあって、2週目も好調をキープ。約1,000万ドル(約11億円)という抑えた製作費でありながら、累計興収は1億2,607万5,470ドル(約139億円)に達している。本作が描くのは傑作と名高い第1弾から直接続く物語で、オリジナル版で“スクリームクイーン”として名をはせたジェイミー・リー・カーティスがローリー役でカムバックしたことも話題だ。

[PR]

 レディー・ガガが主演を務め、アカデミー賞レースで存在感を見せることになりそうな『アリー/スター誕生』も引き続き好調で、公開以来4週連続で2位を記録。累計興収は1億4,861万4,479ドル(約163億円)となった。

 ジェラルド・バトラーゲイリー・オールドマン共演のR指定アクションスリラー『ハンター・キラー(原題) / Hunter Killer』は興収665万3,777ドル(約7億円)で5位デビューだった。また、前回の成功を受けて拡大公開された『ミッドナインティーズ(原題) / Mid90s』が20位から10位にジャンプアップした。1990年代のロサンゼルスを舞台に、年上のグループと初めてつるむようになった13歳の少年の姿を追ったコメディードラマで、コメディアンで俳優のジョナ・ヒルの監督デビュー作だ。

 今週末は、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ『ボヘミアン・ラプソディ』や、ディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』などが公開される。(編集部・市川遥)

10月26日~10月28日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(1)『ハロウィン(原題) / Halloween』
2(2)『アリー/スター誕生』
3(3)『ヴェノム
4(4)『グースバンプス2:ホーンテッド・ハロウィーン(原題) / Goosebumps 2: Haunted Halloween』
5(初)『ハンター・キラー(原題) / Hunter Killer』
6(6)『ザ・ヘイト・ユー・ギブ(原題) / The Hate U Give』
7(5)『ファースト・マン
8(7)『スモールフット
9(8)『ナイト・スクール(原題) / Night School』
10(20)『ミッドナインティーズ(原題) / Mid90s』

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]