斎藤工、涙したチキンスープの思い出 シンガポールの鬼才との交流

第31回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
斎藤工とシンガポールの鬼才エリック・クー監督

 俳優の斎藤工が1日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた第31回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門出品作品『家族のレシピ』舞台あいさつに、シンガポールの鬼才エリック・クー監督と出席、交流を振り返った。

【画像】斎藤工、俳優業の神髄をのぞいた『家族のレシピ』舞台あいさつ

 本作は、日本のラーメンと、シンガポールのソウルフード・バクテーをモチーフに、2か国、3世代にわたる家族のきずなを描いたドラマ。上映後、観客に万雷の拍手で迎えられた斎藤は、「現在進行形の自分自身が映り込んだ作品で、演じたという感覚も記憶もありません。エリック・クーの魔法にかかって、俳優業の表現の神髄というか、新しい扉を開いたような体験をしました」と晴れやかに語った。

[PR]

 クー監督は、劇画ジャンルを確立した漫画家・辰巳ヨシヒロのアニメドキュメンタリー『TATSUMI マンガに革命を起こした男』(2011)を手掛けたこともあり、「日本で映画を撮影したいというのが夢だったんです。日本の国、人々、食に魅せられてきました」と笑顔。同作は、2、3年前に友人でプロデューサーの橘豊から「日本とシンガポールの外交樹立50周年にあたって何か作ってくれないか」とアプローチされたことからスタートしたといい「何よりも食についてテーマにしたいと思ったんです。なぜならわたしは日本食、シンガポールの食事を両方とも愛していたからです」と振り返った。

 一方の斎藤は、「(クー監督の)作品としては、『TATSUMI』を観たのが初めてでしたが、あまりにも日本人が知らない日本の大切な文化を教えてもらったなと思っていて。僕ら以上に日本人を捉えているなと思った。そんな彼が日本の俳優を探していると聞いて、通行人でもいいから出たいと思ったんでです。そこでオーディションがあるということで、スカイプオーディションに参加しました」と振り返る。

 本作には松田聖子も出演。クー監督は、10代のころ松田の大ファンだったといい「橘豊さんが松田聖子さんを知っていると聞いた時から、どうやったら会えるのかと思いました。だから脚本を見ていただきたいと思った。この映画のミキという役をやってもらいたいとおもったんです」とキャスティングの裏側を明かす。

[PR]

 そんなクー監督との撮影で、斎藤には忘れられない思い出があったという。「僕の撮影最終日に、エリックがチキンスープを作ってくれたんです。自分の作品の撮影中で、手が何本あっても足りないくらいなのに、煮込みスープという手の込んだものを作ってくれて。それがめちゃくちゃ美味しかった。でもそのおいしさ以上に、彼がこれを作るために使った見えない時間のことを考えたらグッときて。涙を流しましたね。あのスープの味は忘れられないです」としみじみ振り返った。(取材・文:壬生智裕)

映画『家族のレシピ』は2019年3月9日よりシネマート新宿ほかにて全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]