『キャプテン・マーベル』日本公開は2019年3月15日!日本版予告も公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
日本上陸は来年3月15日! 『キャプテン・マーベル』ティザーポスター - (c)Marvel Studios 2018

 マーベルスタジオ最新作『キャプテン・マーベル』が、2019年3月15日に日本公開されることが決定した。併せて、日本版予告編とティザーポスターも公開された。

【動画】MCU初の女性ヒーロー単独映画!『キャプテン・マーベル』日本版予告

 キャプテン・マーベルは、元空軍パイロットのキャロル・ダンバースが事故によってエイリアンのDNAと融合し、スーパーパワーを得たことで誕生した女性ヒーロー。本作は、地球に降り立った彼女が、自らの記憶を巡る戦いへと身を投じていく姿を描く。

[PR]

 予告には、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で重要な役割を担ってきたニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)や、『アベンジャーズ』以来のMCU映画への登場となる国際平和維持組織シールド(S.H.I.E.L.D.)のフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)の若かりし頃の姿が確認できる。さらに、ジュード・ロウ演じる特殊部隊スターフォースの司令官といった新キャラクターも登場し、キャプテン・マーベル誕生の物語を盛り上げる。

 製作総指揮を務めたネイト・ムーアは「本作では、典型的なヒーロー誕生劇ではない新たな構成に出会えたと思っています」とキャプテン・マーベルの誕生は、これまでのMCU映画とは違った切り口で描かれると今年5月にCINEMABLENDのインタビューで語っている。フューリーやコールソンといった既存のMCUキャラクターと、キャプテン・マーベルの掛け合いなどにも期待したい。

 主演を務めるのは、『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン。また、MCU初の女性監督となるアンナ・ボーデンが、ライアン・フレックと共同で監督を務める。キャプテン・マーベルは、来年5月に全米公開予定の『アベンジャーズ』第4弾で重要な役割を果たすともいわれており、その活躍に注目だ。(編集部・倉本拓弥)

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]