小栗旬『ゴジラVSコング』でハリウッド進出!クローズ・銀魂に高い評価

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
小栗旬、ハリウッドへ!

 俳優の小栗旬(35)が、2020年公開予定のハリウッド映画『ゴジラVSコング(原題) / GODZILLA VS. KONG』(邦題未定)に出演することが明らかになった。満を持してのハリウッド進出となり、小栗は「我が国が作り出したゴジラが、広く世界の観客に愛され、自分がその作品の一部になれるという事に、今はひたすら興奮しています。演技者としてその作品世界に染まれるよう、全力で楽しみたいと思います」と語っている。

人気怪獣が激突!『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』予告編

 本作は、米ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携して展開してきた“モンスター・ヴァース”シリーズの最新作。2014年に公開されたシリーズ1作目『GODZILLA ゴジラ』と、2017年に公開された『キングコング:髑髏島の巨神』のクロスオーバーを描く。

[PR]

 国内で数々の話題作に出演してきた小栗だが、「ハリウッド映画に出演する事には、もちろん憧れがありました。それだけにそのハードルの高さも強く意識せざるを得ませんでした」と告白。同時に「しかし、本作の監督やプロデューサー、レジェンダリーの皆さんのこの作品に対する情熱に触れて、そのハードルにチャレンジしたいという大きな意欲が湧いてきました」と決心の理由を明かしている。

 東宝によると、小栗の役柄はまだ不明だが「重要な役どころになる模様です」とのこと。撮影は今月から、ハワイやオーストラリアなどで予定されており、日本公開日は未定だが、全米公開は2020年5月22日を予定している。

 監督は、『Death Note/デスノート』(2017)などを手掛けたアダム・ウィンガード。プロデューサーを務めるアレックス・ガルシアは、小栗の起用理由について「レジェンダリーと監督のアダム・ウィンガードは、三池崇史監督の『クローズZERO』『クローズZERO II』で初めて彼を見た時から、そして、最近では『銀魂』での小栗旬の仕事を高く評価している」と説明。小栗のモンスター・ヴァース参加に「非常に興奮している」としている。

[PR]
『GODZILLA ゴジラ』(2014)より小栗が共演するハリウッド版ゴジラ(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

 他の出演者は『ターザン:REBORN』(2016)のアレキサンダー・スカルスガルド、人気海外ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のミリー・ボビー・ブラウンをはじめ、レベッカ・ホールブライアン・タイリー・ヘンリーエイザ・ゴンザレスジュリアン・デニソンジェシカ・ヘンウィックカイル・チャンドラーデミアン・ビチルなど一線で活躍する俳優陣が名を連ねる。

 また同シリーズでは本作に先駆け、ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラが登場する『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が2019年5月31日より世界同時公開予定。こちらには、俳優の渡辺謙が、1作目にも登場している科学者・芹沢博士役で出演している。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]