土屋太鳳&北村匠海が『春待つ僕ら』主題歌を担当!キャスト出演MVも公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
仲良し! - (C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

 土屋太鳳北村匠海による音楽ユニット「TAOTAK(タオタク)」が、二人が出演する映画『春待つ僕ら』(12月14日公開)の主題歌を担当することが明らかになった。あわせて、映画キャストが出演するミュージックビデオ(以下、MV)も公開となった。

【動画】映画キャスト陣も出演!「Anniversary」MV

 『春待つ僕ら』は、“脱ぼっち”を目指すもなかなかクラスに馴染めない女子高生・美月と、彼女を囲む個性あふれるバスケ部男子たちの青春を描き出す作品。同作で主人公の美月を演じている土屋と、美月を気にかけるバスケ部男子・永久にふんしている北村。そんな二人が歌う「Anniversary」が、このたび同作の主題歌に決定した。

[PR]

 「Anniversary」は、Mr.Childrenのボーカル・桜井和寿とラッパーのGAKU-MCによるユニット「ウカスカジー」が2016年に発表した楽曲。土屋は、「映画で共演したみんなとの撮影は、『Anniversary』の[みんな良い人ばかり 愛しい人ばかり]という歌詞に合っているので、すごく気持ちが入りました」と映画の雰囲気にピッタリな楽曲であることを明かしており、北村も「すごい前向きで明るい曲なので、歌っていてとても勇気付けられました」とカバーの感想を語っている。

 さらに、土屋、北村ともに縁の深い三木孝浩監督(『青空エール』『陽だまりの彼女』)が手掛けたMVも公開に。土屋、北村に加えて小関裕太磯村勇斗杉野遥亮稲葉友ら映画の主要キャスト陣も出演しており、6人の仲睦まじい様子からは歌に込められた「仲間を大切に想う気持ち」が伝わる。(編集部・吉田唯)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]