「中学聖日記」高校生になった”黒岩くん”岡田健史に悶絶するファン続出

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
学ランの姿の岡田健史(今年10月に撮影)

 有村架純が主演のTBS系ドラマ「中学聖日記」(毎週火曜22時~)の第6話が13日に放送された。岡田健史ふんする黒岩晶の高校生になった姿が「かっこよすぎる」と反響を呼んでいる(一部ネタバレあり)。

【動画】岡田健史のブレザー姿!「中学聖日記」第7話予告

 かわかみじゅんこの同名漫画をドラマ化した本作は、中学校の教師・聖(有村)が、赴任先で不思議な魅力を持った中学3年生の黒岩(岡田)と出会い惹かれていくという禁断のラブストーリー。黒岩とキスをしてしまった聖は、学校を辞め、婚約者(町田啓太)と別れることになる。6話では、その3年後が描かれ、中学生だった黒岩は、高校に進学していた。

[PR]

 高校生になった黒岩は、学ランからブレザーの制服に。おろしていた前髪が短くなり、私服も大人っぽい雰囲気に変化していた。ドラマを観た人から「黒岩くんたまらない」「最強にかっこいい」「ブレザー似合いすぎ」といったコメントがSNS上に多数寄せられている。また、「黒岩くん大人になった」「雰囲気が変わった」「1週間でめちゃくちゃ大人に」といった声も。ドラマ放送中には「黒岩くん」がTwitterのトレンドに入るなど人気の高さがうかがえる。

 オーディションに1年かけたという黒岩役に選ばれた岡田は、なんと今作が俳優デビュー作。教師と恋に落ちる生徒という難役をこなす19歳の新人俳優の今後の活躍に期待が高まる。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]