原日出子の手紙&岸部一徳の言葉に木竜麻生が涙…声震わせる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
親子を演じた木竜麻生と原日出子

 長男の急死から立ち直ろうとする家族の姿を描く映画『鈴木家の嘘』(公開中)の公開記念舞台あいさつが17日、シネスイッチ銀座で行われ、岸部一徳原日出子木竜麻生加瀬亮岸本加世子大森南朋野尻克己監督が登壇した。鈴木家の家長である父役の岸部と、母役の原が、娘を演じた木竜に手紙やエールを送り、木竜を涙させた。

【写真】チェ・ゲバラTシャツで登場したキャストたち

 『まほろ駅前』シリーズや『舟を編む』などの助監督を務めてきた野尻克己の監督デビュー作となる本作は、長男(加瀬)の急逝によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えて描いたヒューマンドラマ。第31回東京国際映画祭では日本映画スプラッシュ部門で作品賞を、木竜は若手俳優を対象にした東京ジェムストーン賞を受賞した。

[PR]

 この受賞に対して、原は手紙で「この賞ほど今のあなたにふさわしい賞はないと思います。あなたはまさに宝石の原石。これからどんどん磨きをかけてどんな輝きを放つ女優になっていくのか楽しみです」とメッセージ。「お芝居というものは人間が人間を演じる限り、そこには魂があり、心がなくてはならないと思っています。それをしっかりとくみ取って繊細に演じるあなたがこの賞にふさわしいとわたしも思いました」と続け、「これからますます素敵な女優さんになっていくと思います。女優として忙しくなっていくと思いますが、自分の人生を置き去りにしないでください。あなた自身が充実した人生を送ることが結果、女優・木竜麻生を豊かにしていくことを忘れないで。これからも見守っています」と締めくくると、木竜は隣で涙。

 原が「泣かせてごめんなさい」と声をかけると、木竜は「この映画に関わってくださったスタッフの皆さん、キャストの皆さんが大好き。こんな幸せでいいことはない。ありがとうございます」と声を震わせた。

 岸部も「俳優に一番大事なことは人柄だと思うんです。彼女はもともと良心や人柄のようなものをちゃんと持っていて、これから芝居に関わって映画女優として大成していってほしいなと思います」とエール。一方で、作品賞受賞に対して野尻監督が「原さん、僕への手紙はないんですか?」とつっこみ、会場を和ませていた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]