佐藤健「幕末まらそん侍」映画化で英国監督とタッグ 小松菜奈、森山未來、染谷将太らと共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『サムライマラソン』のキャストたち(上段:佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、下段:青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己) - (C)”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON

 俳優の佐藤健が、日本のマラソンの発祥とされる史実・安政遠足(あんせいとおあし)に基づく土橋章宏の小説を映画化する『サムライマラソン』(2019年2月22日公開)で主演を務めることが19日、明らかになった。佐藤が演じるのは、幕府のスパイとして藩に潜入する忍びという裏の顔を持つ侍。共演に小松菜奈森山未來染谷将太青木崇高竹中直人豊川悦司長谷川博己ら。映画『キャンディマン』『不滅の恋/ベートーヴェン』などのイギリス人監督バーナーズ・ローズがメガホンをとる。

【動画】『サムライマラソン』特報

 2014年に出版された土橋の小説「幕末まらそん侍」に基づく本作。舞台は幕末。安中藩主・板倉勝明(いたくら・かつあきら)が、外国の脅威に備えるために、十五里(約58キロ)の山道を走る遠足を開催。しかし、これが行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれる。

[PR]

 佐藤演じる・唐沢甚内(からさわ・じんない)は、遠足参加中、藩に迫る危機をいち早く察知する役どころ。藩主の娘・雪姫に小松、藩の重役の息子で野心あふれる侍・辻村平九郎(つじむら・へいくろう)に森山未來、侍に憧れる足軽・上杉広之進(うえすぎ・ひろのしん)に染谷将太、唐沢の上司・植木義邦(うえき・よしくに)に青木崇高、隠居を言い渡された老侍・栗田又衛門(くりた・またえもん)に竹中直人。安中藩に刺客を放つ幕府大老・五百鬼祐虎(いおき・すけとら)に豊川悦司、藩主・板倉勝明に長谷川博己がふんする。

 そのほか、門脇麦中川大志小関裕太ら若手実力派に加え、阿部純子奈緒福崎那由他ら新人の出演が決定。公開された特報では、佐藤をはじめ小松、森山、染谷、青木、竹中、豊川、長谷川ら華やかな顔ぶれが見られる。

 企画・プロデュースを、2010年公開の映画『十三人の刺客』(三池崇史監督)でエグゼクティブプロデューサーとして名を連ねたジェレミー・トーマス中沢敏明が務め、音楽を『めぐりあう時間たち』などのフィリップ・グラス、衣装デザインを『』でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したワダエミが担当する。

 なお本作は、さまざまな組織団体がオリンピック・パラリンピックとつながりをもちながら2020年の大会に向けた参画・機運醸成・レガシー創出のアクションを実施する「東京2020参画プログラム」として認証されている。(編集部・石井百合子)

映画『サムライマラソン』は、2019年2月22日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]