ディズニー『スター・ウォーズ』ランド、ジョン・ウィリアムズが音楽担当!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ジョン・ウィリアムズがパークのために新曲を提供! -「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のイメージビジュアル - Disney Parks / Lucasfilm via Getty Images

 映画『スター・ウォーズ』シリーズの音楽を手掛ける作曲家のジョン・ウィリアムズが、米ディズニーが2019年にアメリカでオープンを予定しているテーマパーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の音楽を担当することが明らかになった。ウォルト・ディズニー・カンパニーのパーク部門代表ボブ・チャペックが、現地時間17日にフロリダ州で開催されたイベント「D23’s Destination D: Celebrating Mickey Mouse」内で発表した。

【動画】ジョン・ウィリアムズ作曲!「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」テーマソング

 今回の発表に併せて、ジョンが手掛けたパークのテーマソングを収録した映像が Disney Parks 公式YouTubeチャンネルで公開された。映像は、パークの壮大なスケールを象徴するかのような躍動感溢れるテーマソングと共に、建設現場の様子を映し出す内容で、巨大兵器AT-ATや新たな宇宙船も確認できる。
 
 シリーズ最新作『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』の音楽も手掛けているジョンは今年2月、アメリカのラジオ局KUSCで『エピソード9』をもって同シリーズからの引退をほのめかしていた。ジョンのテーマソング担当は、ファンにとって朗報と言えそうだ。ちなみに Entertainment Weekly によると、ジョンはテーマソングに加えていくつかの新曲を用意しているという。

[PR]

 その他、パーク内で体験できるアトラクションの名前も判明。ハン・ソロの愛機ミレニアム・ファルコンを操縦できる「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン(原題) / Millennium Falcon: Smugglers Run」や、ゲストが同盟軍レジスタンスと悪の組織ファースト・オーダーの戦いに巻き込まれる「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス(原題) / Star Wars: Rise of the Resistance」といったアトラクションが展開予定となっている。それぞれどんな内容となっているのか、更なる続報に注目だ。

 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、2019年夏にアメリカ・カリフォルニアのディズニーランド、2019年秋にフロリダのディズニーワールドでオープン予定。映画『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』は2019年12月全米公開予定。(編集部・倉本拓弥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]