矢口史靖監督『ダンスウィズミー』特報 三吉彩花がオフィスで圧巻のパフォーマンス!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ダンスウィズミー』より - (C)2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

 『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などの矢口史靖監督によるミュージカル映画『ダンスウィズミー』(2019年夏公開)の特報が公開。矢口作品の新たなミューズとして白羽の矢が立った、ヒロイン役の三吉彩花がオフィスの中で軽やかに踊る姿が見られる。

【動画】オフィスがステージに!『ダンスウィズミー』特報

 矢口監督にとって長編映画10作目となる本作は、監督が常々感じていた「急に歌ったり踊ったりするミュージカルへの“なぜ?”という違和感自体をミュージカルのテーマにできないか」を実践したミュージカル。催眠術をかけられ、音楽を聴くといつでもどこでも歌い踊る体になってしまった一流企業のOL・静香(三吉)の受難を描く。

[PR]

シュレッダーの紙吹雪などオフィスならではの演出もユニーク

 特報は、主人公・静香を演じる三吉がオフィスでダンスする姿を捉えたもの。171センチの長身がスクリーンに映え、PCが並ぶデスクを“ステージ”に、色とりどりのシュレッダーの紙吹雪が舞う中、他の社員たちとともにあうんの呼吸で軽快にステップを踏むさまは、迫力満点。中には、三吉が矢口監督にダンスの振り付けを確認する様子も。

 20秒足らずの映像にして、場所の特性を生かした矢口監督の遊び心あふれる演出にワクワクさせられ、本作のために数か月にわたってダンスの猛特訓を積んだ三吉の成果にも期待が高まる。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]